本紙購読

特集ページ

« [連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して | メイン | 別府商工会議所 永年勤続表彰(10年) »

2018年11月30日 (金)

平成30年第4回別府市議会が開会

 平成30年第4回別府市議会定例会が30日午前10時、開会した。会期はきょうから12月14日までの14日間。当初、12月13日は休会だったが、一般質問者が20人のため、一般質問を10~13日まで行う。

11302 定例会では、市執行部が平成30年度一般会計予算、国民健康保険事業特別会計の補正予算など予算関係6議案、条例関係7議案、その他12議案の計25議案を上程した。
 長野恭紘別府市長が提案理由に先立ち、別府市入湯税超過課税分の使途に関する審議会、第33回国民文化祭・おおいた2018と第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会、公共施設マネジメントなどについて報告。
 提案理由の説明にうつり、30年度一般会計補正予算について次のように述べた。
 ▽補正額は7億6710万円の増額で、補正後の予算額は514億5030万円。
 ▽総務費は、平成31年4月1日施行の入湯税税率改正に伴い、特別徴収義務者が行うシステム改修に対する補助金を計上。
 ▽観光費は、JR別府駅東口の空き店舗に外国人観光客をメーンターゲットにした情報発信拠点「(仮称)駅前情報発信カフェ」を整備するための事業費を計上など。
 このほか、小中学校ブロック塀解体及びフェンス等設置工事費、ラグビーW杯2019組織委員会が指定するトレーニング機器や備品などを設置する購入費用などを計上している。
 特別会計予算の補正額は1010万円増額で、補正後の予算額は563億5559万3千円。
 条例関係では、「別府市都市公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」は、都市公園法施行令の規定により条例で定める休養施設を明示することなどに伴い、条例を改正する。「別府市火災予防条例の一部改正について」は、消防法令に重大な違反のある防火対象物の名称などを公表することを定めるに伴い、条例を改正するーなどと説明した。
 最後に、長野市長の市政に対する思いとして「市長就任以来、『市民の心に寄り添う政治』を基本姿勢とし、市民の幸福こそが行政の目標であることを念頭に、市民とともにある行政運営をめざしてきました。別府市は確実に良い方向に向かっており、この流れを止めることなく、引き続き来期も市政を担当させていただくため、次期別府市長選への出馬を決意しました」と述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気