本紙購読

特集ページ

« 風とともに去りぬ | メイン | 浜脇と山の手の統合中学校 »

2018年11月21日 (水)

技能功労賞4人、優秀技能賞10人

 別府市は、平成30年度技能者表彰式を20日午前10時から、市役所で行った。技能功労賞4人、優秀技能賞10人を表彰した。

1121t3


 長野恭紘別府市長が1人ひとりに表彰状を手渡して「優れた技能を習得した皆さんを表彰することが出来て、うれしく思います。優れた技能者を表彰することで、広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、技能者の地位の向上及び産業の発展に寄与するものです。今後も研さんを重ね、技能の向上、産業の発展にご尽力いただきたい」とあいさつ。
 来賓の松川峰生市議会観光建設水道委員長(議長代理)、堤健一別府商工会議所専務理事(会頭代理)が祝辞。受賞者を代表して、技能功労賞の元町で小料理屋を営む青木哲也さん(56)が「それぞれの分野で技能を磨き、後進の育成にも努めてきました。このような表彰をいただき、身に余る光栄です。この感謝の気持ちを忘れずに、意を新たにしてさらなる技能向上に研さんを重ね、賞に報いていきたい」とお礼を述べた。受賞者は次のとおり(敬称略)。
【技能功労賞】▽西山隆憲(電気業)=永年にわたり電気工事業に従事し、技能の練磨に励むと共に、豊富な経験と技能、法規等の深い知識を持って電気工事の検査員としての信頼も厚い▽小野喜三郎(美容師)=47年にわたり卓越した技術と接客は評判もよく、地域密着型として夫婦で頑張っている。県美容組合の副理事長▽水谷直樹(塗装業)=厳しさの中にも優しさのある指導で若手に慕われ、同年代、年配の職人からも信頼されるリーダー的存在▽青木哲也(調理師)=県日本調理技能士会の会員で、常に技能の向上と創意工夫に努力。高齢者施設への慰問や小中高校のものづくり体験教室をはじめ、食育活動にも取り組んでいる
【優秀技能賞】▽中村忠孝(音響照明技能士)=別府温泉まつりや別府火の海まつりなどで音響を担当。現在は公会堂の舞台管理運営業務を受託して、別府市の文化振興に寄与▽高原豊彦(調理師)=高齢者施設への慰問や小中高校のものづくり体験教室をはじめ、食育活動にも取り組み、伝統文化である包丁式の継承、地元食材の活用における技術向上、観光振興に寄与▽加藤慎也(こんにゃく・豆腐製造業)=50数年を数える加藤豆腐店を引き継ぎ、販路拡大などを進め商店街の役員や消防団員など地区の発展にも貢献している▽山本信一(電気業)=平成元年から電気業に携わり、技能向上に努力してきた▽伊藤正幸(配管業)=平成4年から配管工として多くの工事を施工して産業振興に寄与
 ▽伊東賢治(調理師)=西洋料理界で高いスキルを発揮し、調理コンクールで優秀な成績を収めている。全日本司厨士協会大分支部の企画広報運営委員長として小学生対象の体験教室を行うなどボランティア活動もしている▽中村悟(美容師)=大分県美容組合別府支部の役員を務めるなどしている他、PTA活動など地域貢献にも努めている▽柿本晋良(調理師)=昨年、全国から448人が参加した35歳未満の料理コンペディションで大分県で唯一、第1次予選を通過してブロンズエッグを獲得。児童施設での食育活動や後進の指導にも尽力▽高橋元弘(塗装業)=1級塗装技能士を早くに取得するなど、技術的に優れており、現場代理人として指揮に当たるなど次世代を担う人材▽髙柳沙希(和裁師)=平成18年から梶原和裁に入学して5年にわたり基礎技術を習得。22年に職業訓練免許証、24年には1級技能検定に合格。現在も梶原和裁で後進の指導育成にも努めている

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気