本紙購読

特集ページ

« 別府市にランドセル6個贈る | メイン | 日米共同訓訓練で別府の地元説明会 »

2018年11月29日 (木)

第41回大分県更生保護大会

 大分県保護司会連合会等は「第41回大分県更生保護大会」を28日午後1時、ビーコンプラザ・フィルハーモニアホールで開催し、約550人が参加した。大分県、別府市など後援。

1129211292_2

 大分県の更生保護関係者が一堂に会し、功労者の顕彰を行うとともに、課せられた責務の重要性を再確認して意識の統一と士気の高揚を図り、本制度の一層の充実と更なる発展が目的。
 国歌斉唱し、黙とうを捧げた後、三坪直大分県保護司会連合会長が「犯罪や非行に陥った人に対する指導・助言に留まらず、これらの人たちを地域社会で温かく受け入れることが、犯罪や非行防止に必須であり、地域の皆さんに知ってもらうことが不可欠であると努力しています」と式辞。
 廣野孝司大分保護観察所長が「この大会を契機に、更生保護関係者は犯罪や非行の無い安全、安心な地域社会づくりに邁進します」とあいさつ。
 叙勲・藍綬褒章、瀬戸山賞が披露され、西瀬戸伸子九州地方更生保護委員会委員長から法務大臣表彰と感謝状、藤本純也九州地方保護司連盟会長から更生保護法人全国保護司連盟理事長表彰と感謝状、芝野聖美大分県更生保護女性連盟会長から日本更生保護女性連盟会長表彰などが贈られた。
 受賞者を代表して神田泰仁さん(宇佐高田)が謝辞を述べ、西瀬戸九州地方更生保護委員会委員長があいさつした。
 山本章子県生活環境部長(県知事代理)、長野恭紘別府市長、三浦透大分地方・家庭裁判所長、木村泰昌大分地方検察庁検事正が祝辞を述べた。
 第68回“社会を明るくする運動”作文コンテスト表彰と優秀作文の発表があった。
 最後に、福島知克更生保護法人大分県更生保護協会理事長の発声で万歳三唱して閉会した。。
 別府市・日出町・杵築市の被表彰者は、次のとおり。(敬称略)
 ▽藍綬褒章=久恒正典(秋)▽法務大臣表彰(保護司)=神田剛▽法務大臣感謝状(民間協力者・“社会を明るくする運動”関係)=別府市地区社協連絡協議会▽更生保護法人全国保護司連盟理事長表彰(保護司)=乙咩千代子、志賀克麿▽九州地方保護司連盟会長表彰(保護司)=仁田野三政、河野重義、田原愼治、藤内宣幸▽九州地方保護司連盟会長感謝状(内助功労)=髙橋真由美▽大分保護観察所長表彰(保護司)=古田茂義、山川忠臣▽大分保護観察所長感謝状(民間協力者・組織運営等)=鹿嶋憲之助、都甲敬子、熊谷健作、目代憲夫、菅博孝、有限会社若栄屋▽同(更生保護女性会員)=田城ヱツ、岩尾美知子、小島千里、中村和子、林美智子、中村登志子、岩尾直美▽同(BBS会員)=佐々木祐佳、井和丸竣哉、植山雄貴、大久保祐介、大久保龍二、川野真由子、後藤芳奈、齊藤泉里、高橋祈月、三原拓▽大分県保護司会連合会長表彰(保護司)=後藤正巳、三重野克也、御手洗茂▽更生保護法人大分県更生保護協会理事長感謝状(民間協力者・組織運営等)=小俣勝廣▽大分県更生保護女性連盟会長表彰(更生保護女性会員)=米田明美、渕上清美、津田スミ子、大谷清子、小平テル子

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気