本紙購読

特集ページ

« オレンジリボンたすきリレー | メイン | 学校法人別府大学110周年記念事業 »

2018年11月 8日 (木)

ミス別府の日隈さんが一日消防長

 平成30年秋季全国火災予防運動(9~15日)に先立ち8日午前9時、ミス別府の日隈祐希さん(22)が「一日消防長」を務め、火災予防街頭啓発運動に取り組む1幼稚園1保育園(計191人)を訪問。園児と一緒に、火災予防運動をPRした。

11083 一日消防長の委嘱式が別府市役所市長応接室で行われ、長野恭紘別府市長が日隈さんに委嘱状を手渡し、「一日消防長」のたすきをかけた。
 長野市長は「この時季は、空気が乾燥して火災が起こりやすい気象状況にあるので、市民の命はもちろんですが大切な財産を失うことがないように、防火意識の向上を図っていきましょう」と語った。
 一日消防長として街頭に出た日隈さんは「コンセントは、差したままにしない、ストーブは使わないなど、火災の原因になるものの使用は控えています。明日から秋季全国火災予防運動が始まりますので、火の元には注意して下さい」と話した。
 海の星幼稚園(プッポ・オランド園長)の園児162人は、大分銀行別府南支店前の歩道で年長組のみ、そろいの法被とヘルメットを着用し、「火の用心。火遊びはしません」と呼びかけて、ドライバーや通行人にPRした。
 JR別府駅では、鉄輪保育園の年長の園児29人が「ミッキーマウスマーチ」や「銀河鉄道999」など3曲の鼓笛演奏を披露した。

婦人防火クラブが街頭啓発

 平成30年秋季全国火災予防運動(9~15日)に先立ち火災予防街頭啓発が8日午前9時40分、JR別府駅であり、別府市婦人防火クラブ(安部美代子会長)21人がリーフレットとティッシュを配った。

11082

 これから空気が乾燥し、火災が発生しやすい時季。火災を未然に防ぎ、また、住宅用火災警報器の設置促進を呼びかけ、火災による死者を減少させることが目的。
 クラブ員は「火災予防にご協力を」と呼びかけながら、通行人にリーフレットなどを手渡した。
 グッズを受け取った女性は「コンロの火は、きちんと消しています。ストーブを使わず、エアコンを使っています。なるべく火事の原因を作らないように、心がけています」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気