本紙購読

特集ページ

« 別府ライオンズクラブ60周年記念 | メイン | [連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して⑤ »

2018年12月 5日 (水)

平成30年の第4回市議会定例会

 平成30年第4回別府市議会定例会が5日、再開された。市議5人が議案質疑し、委員会付託が行われた。

12052

 ▽野口哲男議員(自民・創生)が「子どもの居場所づくりに要する経費」について質問。
 阿南剛子育て支援課長は「食事の提供など子どもの居場所をつくる。開設に係る費用20万円など補助金を出す。市内には子ども食堂は8カ所。新規希望者の相談はない」と答えた。
 野口議員は「根本的な貧困問題の解決にならない。別府市だけでは解決できないので、国に要望したほうがいい」と要望した。
 この他、土地の売払いなどについて質問した。
 ▽松川章三議員(新風べっぷ)が「入湯税賦課に要する経費の追加額」について質問。
 宇都宮尚代市民税課参事兼税制係長が「入湯税を納めないといけないのは、150事業者。30事業者はシステム改修が必要。想定している50事業者分で10万円を上限として補助金を出す」と答えた。
 この他、温泉資源保護の推進に要する経費の追加額などについて質問した。
 ▽荒金卓雄議員(公明党)が「公の施設を他の普通地方公共団体の住民の利用に供することに関する協議」について質問。
 柏木正義総合政策課長が「現状は、電話や直接来てもらい、市内の住民が使う場所を取ってから市外の住民に活用してもらっている。来年4月から、インターネットで確認や予約ができる。相互利用することで、他都市から就業で来ている人が利用できて市民交流が増える。また、地域の活性化が図れる」と答えた。
 この他、指定管理者の指定などについて質問した。
 ▽加藤信康議員(市民クラブ)が「児童健全育成に要する経費の追加額」について質問。
 阿南子育て支援課長が「放課後児童クラブの開設に必要な経費がなかったり、新設したが運営できないことがある。それを解決するために、開設準備や新設の貸付を行う。返済方法は、毎月末に1年後までに返してもらう」と答えた。
 加藤議員は「現状の1つのクラブが増加して、2つに分かれることもあるかもしれないので、それも考えないといけない」と要望した。
 この他、工事請負契約の締結などについて質問した。
 ▽平野文活議員(日本共産党議員団)が「土地の売払い」について質問。
 奥茂夫総務課長が「市有地の売却の基準は、有効活用できるものは財産活用、財源確保の観点で行う」と答えた。
 平野議員は「市民の貴重な財産を売却をしてはいけないのではないか。それほどの財政難なのか」と述べた。
 また、市長の提案理由の「地方創生交付金を活用した事業などによって、別府は確実に良い方向に向かっているか」について質問。
 竹元徹秘書広報課長が「平成29年の商品開発は目標は10件だったが、実際は32件だった。しかし、目標額に届かなかった」と答えた。
 平野議員は「本当に良くなっているのか、疑問である」と述べた。
 長野恭紘別府市長は「いろいろな数値を見ても、全体的に良くなっている。30年度以降の数値を見てほしい」と答えた。
 また、委員会付託として総務企画消防委員会に12議案、観光建設水道委員会に8議案、厚生環境教育委員会に9議案が付託された。
 今後の議会日程は、次のとおり。(敬称略)
 ▽6日=委員会審査▽10日=一般質問(首藤正、穴井宏二、山本一成、市原隆生、松川章三)▽11日=一般質問(阿部真一、野上泰生、萩野忠好、河野数則、森山義治)▽12日=一般質問(安部一郎、竹内善浩、国実久夫、野口哲男、荒金卓雄)▽13日=一般質問(松川峰生、堀本博行、小野正明、三重忠昭、平野文活)▽14日=各委員長報告、少数意見者の報告、討論、表決

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気