本紙購読

特集ページ

« 助け合い托鉢と街頭募金スタート | メイン | [連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して③ »

2018年12月 3日 (月)

ホームビジター養成講座の修了式

 別府市光町の地域子育て支援センター「にじのひろば」(村田広子代表)は、家庭訪問型子育て支援(ホームスタート)を行うための訪問ボランティア(ホームビジター)養成講座の修了式を11月27日午前11時半、市公会堂で行った。別府市からの委託事業で、今年度で6回目となる。

1128t2

 ホームスタートは、子育て経験者が研修を受け、ボランティアで未就学児がいる家庭を定期的に訪問し、友人のように寄り添いながら「傾聴(話を聴く)」「協働(育児や家事を一緒に行う)」や親の精神的な安定、育児の悩みを解消して、地域へ踏み出して他の支援や人々とつながるきっかけづくりも応援するなどの活動をしている。
 修了を迎えたのは、4人。村田代表が1人ひとりに修了証を手渡し「これで、ビジターは36人となりました。子育て支援の輪が広がっていけばと思う。ビジターは宝であり、いないと始まらない。お母さんたちに寄り添って子育ての悩みを支援していければと思う」とあいさつ。阿南剛・市子育て支援課長は「皆さんの理解と協力なしでは前に進むことが出来ません。研修内容を生かして傾聴と協働を大事に取り組んでいただきたい」。ホームスタート九州エリア協議会長の土谷修ホームスタート・やしの実代表も「ホームスタートは九州で盛んで、特に大分県はとても盛ん。本当に頑張りながら子育てをしているお母さんたちに手が届くようにしていきたい。仲間になってくれて、ありがとう」と述べた。
 地域ささえあい交流センター「にじ」に移動し、先輩ビジターの手作り料理やお菓子、土谷会長のお手製グリーンカレーなどを食べながら交流会を行い、先輩の経験談などを聞いた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気