本紙購読

特集ページ

« 県建設業協会別府支部安全パトロール | メイン | 平成30年の第4回市議会定例会 »

2018年12月 5日 (水)

別府ライオンズクラブ60周年記念

 別府ライオンズクラブ(梶原泰雄会長)は、クラブ創立60周年記念として、市立14小学校に図書を寄贈するプロジェクトを計画。4日午前8時半、大平山小学校(平岡美佐子校長、329人)を梶原会長ら10人が訪れ、57冊を寄贈した。

1205t3

 別府LCは1959年4月に結成され、市内では一番古いクラブ。現在会員は25人で、地域社会の生活、文化、福祉、公徳心の向上に積極的に活動している。これまでも3クラブ合同の少年サッカー大会を始め、単独ではジュニアテニス選手権大会、市内中学校への卒業記念植樹、薬物乱用防止教室など青少年の健全育成を中心に行ってきた。
 今回、60周年記念事業をするに当たり、地域のために何ができるかを検討した結果、青少年の健全育成のために図書を寄贈することを決め、会員以外にもライオンズのことを知ってもらおうと初めてクラウドファンディングを利用。目標は20万円だったが、20万6千円が集まった。全体では約250冊を寄贈する。
 平岡校長が「みんなのために出来ることは何かなと考えて、活動してくれている別府ライオンズクラブの皆さんが来てくれました。沢山の本に出会うことで初めて知ることもあると思う。皆さんが何かを想像したりして心豊かになるようにと贈ってくれたと思います。大切にしましょう」とあいさつ。
 梶原会長は「私も40年前に大平山小学校が出来た時の1年生でした。友達と遊んだり、勉強したりといろんな思い出が詰まっています。本を読んでいろんなことを想像して、すくすくと育ってほしいなという大人たちの思いが詰まったプレゼントを持ってきました。健やかに元気に育ってほしい」と述べ、鈴木保錦児童会長(12)に手渡した。鈴木児童会長は「新しい本をありがとうございます。私は本が好きなので、とてもうれしいです。いつも温かく見守ってくれて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」とお礼を述べ、全校児童で「ありがとうございます」とお礼の言葉を言った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気