本紙購読

特集ページ

2018年10月23日 (火)

市の3地区公民館で文化祭

 地域住民や公民館の各講座生が発表などを行う「第26回別府市生涯学習フェスティバル」のトップを切って、第28回別府市朝日大平山地区公民館祭、第31回市西部地区公民館祭、第28回南部地区公民館祭が20、21日に開催された。

1022o

 朝日大平山地区館のテーマは「伝統ある地域と連帯~生きがいを見いだし心豊かに学び合う~」。市立朝日中学校吹奏楽部、朝日子ども園、やまなみ保育園、市立大平山小学校、朝日小学校がオープニングを飾った。また、フラ・ハラウ・オ・ハル、詩吟岳星会(鶴新支部、大畑支部)、太極拳A、ギター教室、創明音楽会(琴)、U・D・T(キッズダンス)、エムダンス上級(社交ダンス)、松永新体操クラブがステージ発表をした。さらに、20日午後1時半からシニアカレッジ共催の記念講演として「浜脇こども太鼓」の演奏、21日午後1時から町内のど自慢・芸自慢大会が行われ、盛り上がった。
 館内と体育館に、編み物、生け花、短歌、俳句、川柳、フラワーサークルフリル、おもしろ絵画、英語絵本を読む会、茶寿園の作品、日本画、写真、書道教室の作品、大平山友遊エコクラブ、友愛保育園、朝日幼稚園、大平山幼稚園、朝日小学校、大平山小学校、朝日中学校の園児、児童、生徒による作品が展示され、見る人の目を楽しませた。
 料理教室と男のごはんが食品バザー、編み物教室が作品を販売した。
 ◇   ◇

1022o_2

 西部地区館のテーマは「地域の輪 笑顔で結ぶ 文化祭」。別府荘園古戦場子ども太鼓、南立石幼稚園、鶴見小学校、青山中学校合唱部がオープニングを飾った。また、キッズダンス教室、音拍英語教室、詩吟岳星会(吟泉支部、山の手第三平成支部、扇山支部)、混声合唱団みどり、めだかの学校・西部分校、あじさい会、カナリア会、フラ・ハラウ・オ・ハル(マハナ教室)、初めてのフォークダンス教室、フォークダンスサークル「ウィズ・ユー」、別府市太極拳友会、陽光会「剣道教室」、Poco a Pocoやさしい大正琴、PONY-Z(チアダンス)、ギターサークル、風杞流・穣の会、にこにこ3B体操・ジュニア3B体操、スマイル体操教室、南立石・鶴見校区老人クラブ連合会のステージ発表が行われた。また、21日午後2時半から市老連うたごえ広場の鳥井好人さんによる講演会も開催され、盛況だった。
 館内には、レカンフラワー教室、切り絵教室、やさしい日本画教室木蓮支部、木彫り教室、絵画教室、チャーチル会別府、別府番傘川柳教室、西部俳句会、活き粋書道教室、パッチワーク教室、南立石・鶴見校区老人クラブ連合会、青山中学校美術部、南立石幼稚園・小学校、鶴見幼稚園・小学校、みょうばんクリニック通所リハビリテーション事業所「あおぞら」、夏休み子ども体験教室、公民館子ども教室による作品が展示された。また、青山中学校茶道部が20日午前10時から先着50人にお茶席接待、同日午後2時から国際理解教室によるプレゼンテーション、21日午後1時半から子ども将棋大会が行われ、会場を賑わせた。
 ◇   ◇

1022o_3

 南部地区館のテーマは「生きがいと感動の華ひらく」。和心(津軽三味線)、混声合唱団「響」、市立南小学校2年生、日本民謡研究会九州支部別府会、エムダンス、男子新体操教室暘谷ジュニア、浜脇中学校3年生ものづくり講座ダンス、別府民謡愛好会、はまゆうフォークダンスクラブ、別府マハロ・エコーズ、めろでぃぼっくす、ハーラ・ウオ・ピリ・アロハ、PONY-Z(チアダンス)、別府市太極拳朋友かい、浜脇子ども太鼓、琴城流大正琴・琴香会、別府市太極拳友会、トモミ・チアダンス・プレイス・大分、勧女乃会、ゆのか太極拳クラブ、詩吟岳星会(浜脇支部、なごみ支部)、中国武術・雲水会、U・D・T(キッズダンス)、大分県立別府翔青高校吹奏楽部がステージ発表を行い、演目が終わるたびに大きな拍手に包まれた。
 展示コーナーでは池坊生け花教室、フラワーデザイン教室、浜脇中学校、浜脇母親クラブ・野ぎくの会、青和会、山家母の会、南部俳画愛好会、勝山会書道教室、べっぷ瑠璃の会、別府市日本画教室、浜脇記念病院、市立南幼稚園・小学校の園児と児童、南・浜脇子ども会による作品、人権標語・作文入選作品、同館主催講座作品、浜脇3丁目「書道を楽しむ会」、南町陶芸クラブ、朝見1丁目2区、松原町2区、立田町による作品が並び、訪れた人は足を立ち止めて鑑賞していた。また、軽食レストランコーナーではうどん、助六寿司、サンドイッチ、ゆで餅、五目ごはん、ちらし寿司、いわしバーグが販売された。

別府市の教育を語る懇談会

 別府市教育懇話会(長谷川豊和会長)は、平成30年度別府市の教育を語る懇談会を22日午後3時、別府市役所で行った。11月1日の「おおいた教育の日」の関連事業として毎年実施している。退職校長会、現職校長会やPTA関係者、市教委など約100人が参加した。

1023t3

 長谷川会長が「心豊かでたくましい別府っ子を育成するため、地域、学校、家庭、行政が一体となって懇談会を開いており、11回目を迎えた。現代社会では、インターネットやスマートフォンはなくてならないものだが、反面、トラブルやいじめ、健康被害、犯罪に巻き込まれることもある。皆さんの考えや思いを出していただき、大人が何をするべきかを考える機会にしてほしい」とあいさつ。
 寺岡悌二教育長は「子どもを取り巻く情報化社会はどんどん進み、問題が発生している。別府においても看過できない状況。子どもたちを守るために、どのような教育が必要か。思考力、判断力をつけることが大切。それぞれの経験、知識、立場から話をしてもらいたい」と述べた。
 NPO法人子どもとメディアの古野陽一常務理事が「スマホ社会の子どもたち~学校・家庭・地域で取り組むべきこと~」と題して講話した。古野常務は、最近子どもたちの間で流行っているSNSやゲームなどのアプリを紹介し「分からないことは強み。分からないから教えて、と言うと子どもたちは詳しく教えてくれるので、否定も注意もせず聞く。相談に来る時にはもう遅いことが多く、雑談の中で危ないなと感じ、トラブルを未然に防げる可能性がある。みんな簡単に画像をアップしているが、画像はすごく怖い。犬の写真だけでも、その瞳に映った情報で個人情報が分かることがある。ネットの危険性は10年前よりも格段に高くなっている。一方で、小さい時からスマホを持たせている。24時間カメラを持ち歩き、1人になれる場があってすぐに投稿できることから、裸の写真を撮って送ったりしてしまう。生まれた時からそういう環境が普通だと思っていることが危険。そういう状況に子どもたちを置いていることを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。
 自身の子ども時代を振り返り「群れ遊びを通じて、自分たちだけで問題を解決していたが、20年以上前からそういう場がなくなり、問題が深刻化しやすくトラブルになり、解決できなくなる」として、1週間ほど、家庭内で夕食後、携帯やゲーム、テレビをつけずに過ごす「メディアリセット」をすることを薦め、アプリの制限が出来る機能がついたスマホについても紹介した。
 グループ協議では、14グループに分かれて現状について話し合った。最後に、大塚俊夫市PTA連合会長が「保護者の1人として、自分自身も気をつけなければならないと思った。家庭、学校、地域の3者で連携すれば、子どもたちのために1つでも出来ることがあるのではないかと思う」と感想を述べた。

県新人学童軟式野球大会の別府予選

 第16回マクドナルド・カップ大分県新人学童軟式野球選手権大会別府支部予選(別府市軟式野球連盟主催)が9月22、24日、10月20日に市営野口原ソフトボールA、B球場で行われ、県大会出場に向けて熱戦が繰り広げられた。

1023t2

10232

1023t2_2

 試合はAパートに6チーム、Bパートに7チームが出場し、トーナメント方法で争われた。また、各パートの準優勝チームで第3代表決定戦も行われた。
 Aパートの決勝戦は、山の手スポーツ少年団野球部と朝日少年野球部の対戦に。山の手は、2回表に四球とヒットなどで満塁とすると、内野エラーの間に1点を先制し、1番の成重選手が走者一掃の2塁打を放ち、この回一挙に4点に。3回にも死球やヒットで3点、4回には内野エラーで出塁した走者を2番の島添選手のヒットで1点、さらに死球と四球で走者をためると7番の島山選手がヒットを放ち、2点を追加。朝日も3回裏に連続ヒットで2点を入れ、4回にもヒットを重ねてさらに2点を追加したものの、5回表に朝日が1点を入れてダメ押し。11ー4で5回コールドで山の手が2年ぶり3回目の優勝した。
 Bパートは亀川中央スポーツ少年団と北浜スポーツ少年団の決勝戦となった。亀川は1回裏に四球とヒットで出塁した走者を5番の高橋選手のヒットで返し、2点を先制。北浜も2回表に連続ヒットで1点を返すと4回にも内野安打で出塁した走者を7番の高畑(虹)選手のヒットで同点に。しかし、その裏に亀川が内野エラーとスクイズで2点を入れてすかさず引き離した。北浜は5回に1点を追加したもののあと一歩及ばす5ー3で亀川が初優勝を飾った。
 第3代表決定戦は北浜と朝日の対戦となり、北浜が1回表に内野エラーで出塁した走者を3番畑尾選手のヒットで返して先制。その後は、両チームとも投手戦が続き、得点を入れることができなかった。6回表に北浜がヒットと四球で出塁した走者を9番の織田選手のヒットで3点を入れて突き放した。朝日もその裏に2点を入れて健闘したものの、5ー2で北浜が代表の切符を手にした。
 山の手は2年ぶり4回目、亀川は初めて、北浜は2年ぶり2回目の代表となり、11月17、18、23日に豊後大野市の三重大原球場などで開催される県大会に別府市代表として出場する。代表チームのメンバーは次のとおり(敬称略)。
【山の手スポーツ少年団野球部】▽代表=荒金拓也▽監督=和田茂幸▽コーチ=吉野隆一朗、徳丸暁洋▽選手=徳丸諒、漆原秀馬、成重颯人、鎌瀬藍十、中尾虎太郎、島添信弘、松本幸之助、近藤奏太、田島藍、加藤康汰、椎名珀翔、鳥山七奈美、竹下陽翔、森重晴翔、倉橋颯真
【亀川中央スポーツ少年団】▽代表=橋内智和▽監督=後藤隆之▽コーチ=高橋良輔▽選手=橋内快征、渕野勇暉、廣岡廉士、高橋平、仲前安生夢、小川隼、佐藤広庸、村岡玲央、都留啓吾、山下翔太、廣岡頼士、渕野陽暉、松本璃空、廣石和真、小川侑、岡成武瑠、西優之介、豊島啓任、清末悠真、生野文翔、小田隆一、松丸晴樹、吉田悠晟
【北浜スポーツ少年団】▽代表=仲摩一夫▽監督=織田耕嗣▽コーチ=一井勇輝、松尾英樹▽選手=藤原凛太朗、早田義春、工藤宏太、織田遼、甲斐大二朗、畑尾蓮斗、高畑虹之介、高橋拓人、早田隆春、井上泰志、森永歌歩、和哥山來人、堀井皇雅、梅野朔太朗、木村優志、小田怜奈、衛藤大樹、松尾陽花、高畑咲良

2018年10月22日 (月)

志を遂げる時

 岩屋毅防衛大臣、就任直後から次々と難問題に直面、その手腕が試されている。「防相冥利」に尽きる状況だろう。
 島嶼防衛の任に当たる、長崎県相浦にある陸自水陸機動団の隊員が、フィリピンでの訓練で車両事故に遭い死亡。
 韓国済州島で行われた各国海軍が参加する「観艦式」で、韓国側が旭日旗の艦上掲揚を拒否したため、日本は不参加を決定。岩屋防相がコメントを発表した。
 シンガポールで開催中のASEAN会議で、中国の南シナ海進出について、問題とする合意を発表。また、中国防相と個別に会談して日本側の方針を貫いた。
 韓国の済州島での観艦式では、一部のマスコミは全くこれを取り上げず、反対に一部のマスコミは、岩屋防相の対応が不充分という論調。保守系紙SNSの記述だが、文在寅政権に徹底的に論議して、日本の立場を明確にせよ。河野太郎外相は就任当初から慰安婦問題に取り組み、「徹底抗戦」したぞと、付け加えている。
 就任1カ月も満たず、新たな人脈を築こうとしているところ。まずは「偵察行動」と「情報収集」に全力投球といったところ。
 韓国観艦式は各国国旗と韓国旗の掲揚を義務づけた。その主催国の韓国はというと、文大統領乗艦の基艦に「文禄、慶長の役」で豊臣海軍を破ったとされる李舜臣提督の旗印「帥」の旗を揚げていた。日本軍を撃退したとされる最初で最後の韓国軍人。彼らからしてみれば祖国英雄のシンボル。ただ426年も前の話。岩屋防相は対韓対応は「未来視向で……」とコメント。未来のスパンは、韓国の場合はてしなく長い。
 それよりも就任直後の10月13日、平成30年度自衛隊殉職隊員追悼式を防衛省内で開催。省内の慰霊施設では、安倍内閣総理大臣の来訪を受け、厳格に執り行った。今年度の殉職隊員は30柱、創隊から1964柱がここに眠る。岩屋防相の式辞は「諸官御魂の御功績は、自衛官の鑑」と結び、遺族に対する思いやりに満ちたものだった。西野口にある岩屋事務所の正面奥には「常在戦場」と自身の書を掲げてある。この志を遂げようとしているかのよう。
     (陽)

別府中央小学校が開校10周年式典

 別府市立別府中央小学校とべっぷ幼稚園(永井宏道校長・園長、児童269人、園児21人)は、開校(園)10周年記念式典を21日午前9時から体育館で行った。

1022tb2

 別府中央小学校とべっぷ幼稚園は、旧北小学校・幼稚園と旧野口小学校・幼稚園が統合し平成21年4月に開校した。「喜んで登校し、生き生きと学ぶ子どもの育成」を学校教育目標に掲げている。
 ステージには、幼稚園から小学6年生でつくる「仲良し班」が作った「届け 未来への希望」と書かれた校舎のモザイク画が飾られた。
 10周年記念事業実行委員長の恒松宗典PTA会長が「校歌制作に携わってくれた樋口了一さんは、ここに通う児童が先生方に導かれた希望の船に乗り、理想を目指す仲間であり、帆に風を受けて、自分の力で漕いでいこうというメッセージを込めて作ったそうです。この希望の船には、様々な人たちが出会い、学び、巣立っていったことでしょう。これからも順調に進んでいくために、しっかりと支えていきます」とあいさつ。
 永井校長は「長い歴史と伝統を積み重ねた2校の統合校・園として開校した。節目の年を迎え、盛大に祝うことが出来るのは、歴代の校長と卒業の新しい伝統づくりのたまものであることは言うまでもありません。学校を温かく支えてくれた地域、保護者など関係者のご支援のおかげと感謝しています。新しい伝統を子どもたちと一緒に教職員一丸となって作ってきました。昨年度までに461人の卒業生を送り出したが、全ての子どもが目標に向かい力を合わせて自分の力を出し切って卒業していきました。素晴らしい校風を作ってくれました。しっかりと在校生に受け継がれています。これからも、仲良し班活動を中心に、自分と友達の心と命を大切にする子ども、目と耳と心で相手の思いを聞ける子ども、全力で学習や体力づくりに取り組む子どもが育つ素晴らしい学校になるように、職員全員で教育活動に当たっていきます」と述べた。
 来賓の長野恭紘別府市長は「保護者や地域から支援してもらっている土曜教室や放課後学習教室などの活動は、人の温かさに触れ、地域の良さを感じる貴重な体験となっており、未来の別府を支えていこうという意思を持った子どもたちの育成につながると確信しています。学校、家庭、地域の強い連携で、ふるさとに愛着を持ち、別府に住む幸せを実感できる教育を実施できることを願っています」と祝辞。
 児童を代表して、小田菜月児童会長(12)が「モザイク画は、絆を深め、笑顔あふれる幼稚園、小学校にしたいという私たちの未来への希望、後輩たちへ届けたいという思い、私たちの誇りである校舎と仲間の絆を表しています。仲良し班は、思いやり、友情、協力、我慢強さ、仲間づくりの楽しさを学んでいます。一番の自慢だと思います。先輩から受け継いだ伝統ある仲良し班活動を続けていき、もっと魅力ある活動にしていきます」と決意表明した。
 式典終了後、第2部として、園児・児童が合奏、合奏、群読、音楽物語などを披露。第3部は、校歌の作詞・作曲をした樋口了一さんがミニコンサートを行い、盛り上がった。

「竹と月夜の調べ」

 竹・ルネサンス実行委員会(岩尾一郎実行委員長)は「第20回竹と月夜の調べ」を20日午後6時、別府市竹細工伝統産業会館で開催、約800人が来場した。

10223

10222

 別府市民に同会館を見てもらい、改めて竹細工を理解してもらうことが目的。
 同会館の駐車場には浮灯ろう300個、竹のオブジェ18個、竹灯ろう200セットが飾られ、オレンジ色の淡い光が来場者を出迎えた。
 開場は午後6時だったが、先着300人に表千家同門会によるお茶の接待があるため、多くの人が列を作った。開場すると、抽選番号の書かれたプログラムを受け取り、同会館内を見学したり、駐車場に飾られた浮灯ろう・竹のオブジェ・竹灯ろうをデジカメで撮影するなどしていた。
 お茶の接待が行われる中、ステージでは主催者の岩尾実行委員長が「今日は、十二夜の月が出ていますので愛でてもらえればと思います。今回20回目を迎えましたが、年々来場者が増えています。別府市民であり、竹をこよなく愛し、竹のことを理解してくれようとしている素晴らしい皆さんが来ていると思っています。会場の雰囲気と、リニューアルしたミュージアムショップ、会館の内部を見ていただき、楽しんで下さい」。
 来賓の長野恭紘別府市長が「記念すべき20回目の『竹と月夜の調べ』です。最後まで楽しんで、素晴らしい夜のひと時を過ごして下さい」とそれぞれあいさつした。
 続いて、多くの来場者が見る前で、別府竹製品協同組合相談役で伝統工芸士の油布昌伯、亀井昇学両氏が長さ3㍍、幅2・5㌢のヒゴを使った「大四海波」(直径約60㌢、高さ約40㌢)を編み上げた。完成すると、参加者から大きな拍手が贈られた。
 演奏会では、大分チェロ軍団の8人が「荒城の月」などを演奏した。
 抽選会では、別府竹製品協同組合から組合員の作品と、2人が作った大四海波など118点が提供された。番号が呼ばれるたびに、歓声が挙がった。

2018年10月20日 (土)

朝見神社の秋季例大祭

 八幡朝見神社(神日出男宮司)は19日、秋季例大祭を開催し氏子総代会や地元朝見各町の代表ら約30人が出席した。

1020

 朝見神社は西暦1196年、10月19日に創建。秋季例大祭は創建を記念して行っている。今回は長崎県神社庁長の池田剛康氏(諏訪神社宮司)を献幣使に迎えて催行された。
 神宮司が祝詞を奏上し玉串を奉天した後、井上信幸氏子総代会会長、長澤周一郎大分県神道青年会会長、立木稠子氏子代表、檀上陽一今日新聞社社長と市内各神輿団体を代表して橋本達途神輿総代会副会長、今橋周作郷神会統制、庄野芳美別府宵酔女神輿筆頭小頭らが玉串を奉てんした。
 祭礼終了後、直会が行われた。直会の席上、来賓を代表して池田・長崎県神社庁長が「我々九州各県の神社庁長は結束が固く、おたがい切磋琢磨して、本来、神社のあるべき姿を追求しております。この八幡朝見神社へのご奉仕に心より感謝申し上げます」とあいさつ。池田庁長が宮司をつとめる諏訪神社は「長崎おくんち」で知られる大社。今回の大祭で大成功を収めたところ。
     (菅)

「大分県水産振興祭」が開幕

 大分県農林水産祭「おおいたみのりフェスタ」の水産部門となる「第37回大分県水産振興祭」が20日午前9時半、亀川漁港で開幕した。

10202

10202_2

 県産魚の「地産地消」を通じて県民に水産業の役割と意義について啓発し、都市と漁村との交流を通じて漁村の活性化と消費の拡大を図ることが目的。
 今年のテーマは、「うまいがいっぱい!『旬のおおいた』勢ぞろい」。
 開会式で、主催者の広瀬勝貞大分県農林水産祭実行委員会会長(県知事)が「水産振興祭は、大分県各地から美味しい魚介類がそろっています。魚に触れて、買って、味わうことで、大分の魚を楽しんで下さい。そして『美味しいね』『いいね』と水産関係者を激励して下さい」、山本勇副会長(県漁業協同組合代表理事組合長)がそれぞれあいさつ。
 開催地を代表して長野恭紘別府市長が「第37回を迎えた別府の秋のイベントとして、定着しました。新鮮な魚介類や加工品に舌鼓を打って下さい。楽しい一日を過ごして下さい」、来賓を代表して井上伸史県議会議長が祝辞を述べた。
 山本代表理事組合長らは、餅まきをした後、テープカットを行い、水産振興祭の販売がスタートした。
 続いて、市立北部中学校吹奏楽部の先導でパレードを行い、県漁業調査船「豊洋」から稚魚放流を実施した。
 66団体が「ブリカマ」「すり身」「天ぷら」など、県漁業協同組合の各支店は新鮮な魚を販売し、長い列を作っていた。
 そのほか、小学生限定の「さかなつかみどり」、18歳以上の「ブリ・カンパチ・ヒラマサつかみどり」、巻き寿司早食い競争などが行われ、会場は大いに盛り上がった。
 水産振興祭は21日も行われ、ブリ・カンパチ・ヒラマサつかみどり(抽選券配布は午前9時半、開始10時半)、巻き寿司早食い競争(参加募集11時、開始11時半)、小学生対象のさかなつかみどり(抽選午後0時半、開始1時)、お楽しみ抽選会(抽選券配布1時半、開始2時)となっている。
 大分市から来た女性(68)=主婦=は「毎年来ており、シラスや海苔を買いに来ました。新鮮で新しいものなので、嬉しい」と話した。

道路関係3期成会が合同要望

 別府・耶馬溪・行橋ルート国道整備促進期成会、別府国東地域開発促進期成会、別府挾間間道路改修促進期成会(いずれも会長は長野恭紘別府市長)はこのほど、合同で中央要望活動を実施した。

1020t2

 別府・耶馬溪・行橋ルートは、平成5年に発足し、別府市、中津市、宇佐市、日出町、福岡県の行橋市、みやこ市で構成。別府国東地域開発は昭和46年からで、別府市、杵築市、国東市、日出町、姫島村から成っている。別府挾間間は、昭和62年から別府市と由布市で活動をしている。
 要望活動は、国土交通省、財務省、大分県選出の国会議員を訪問。国土交通省では石井啓一大臣と面会。財務省では鈴木馨祐二副大臣と会い、それぞれ要望書を手渡した。また、国会議員では、吉川元、横光克彦両衆議院議員、磯崎陽輔、足立信也両参議院議員と直接会い、道路整備の現状を説明した。
 要望書では▽地方の道路整備については、活力のある地域づくりが推進できるよう、社会資本整備総合交付金や防災・安全交付金の予算総額の拡大を図るとともに、安定的な財源を確保▽東九州自動車道における、暫定2車線区間について、4車線化の実現に向けて促進を図る▽今後急速に増大すると思われる道路ストックの適切な維持管理に対応できるよう財源を確保▽地域内道路の重要物流道路への指定及び重点整備の支援▽平成31年度予算編成にあたっては、長期安定的に道路網の整備を推進するため、概算要求額の全額確保を図ることーとしている。

2018年10月19日 (金)

企業と学生のマッチングイベント

 別府市は、一般社団法人産業連携・協働プラットフォームBーbizLinkと連携して、地元企業や誘致企業と大学生が交流するマッチングイベントを14日午後6時、亀の井ホテルで開催した。2回目で、7社と市内外の学生約60人が参加した。

1019t2

 マッチングイベントでオトナ=仕事人と一緒に仕事や人生について話をすることで、就職に対する不安や心配ごとを少しでも緩和させ、社会人になるための心の準備をお手伝いしようというもの。毎年多くの学生が卒業しているが、ほとんどが県外や国外に出てしまうため、学生の地元定着や地元就職につなげるのも目的の1つ。
 はじめに、「これからの新しい働き方を」をテーマに、小島健一ビービスリンクコーディネーター、立命館アジア太平洋大学(APU)の松井瑞希さん、「悠彩の宿望海」の木村大成社長によるオープニングトークが行われた。木村社長は、歯科技工士として働いていたが、リストラにあいフリーターをしていた時に奥さんと知り合い、出会って半年で別府に来て、1カ月後に結婚をしたという。「とんとん拍子に話が進み、前社長は義理の祖父になるのですが、社長業を誰にも教えてもらわないまま29歳で社長になって、大変だった。全国のホテル・旅館に宿泊し、同業者に教えてもらいながら、30代後半からやり方、仕組み、見せ方も変えた。インターネットの普及もありがたかった」とこれまでの経験について話した。
 参加した企業から仕事内容などについて自己紹介があった後、軽食をとりながらコミュニケーションタイムを実施。1回20分を3回行い、学生は話を聞きたい企業のテーブルを訪れ、仕事の仕方、考え方など積極的に話を聞いていた。参加者が多かったこともあり、最後のフリートークも含めて、まだ話し足りないという人もいて、盛り上がった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気