本紙購読

特集ページ

2018年12月 7日 (金)

[連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して⑦

 火消の刺青はたとえば、中国古典三国志に登場する英雄豪傑をモチーフにした意匠を、膝上、背中。腕三分の全面に展開。1年から長い人で5~6年をかけて彫り上げる。平常は決してチラつかせない、外に見せない「我慢」を美徳としている。

Dsc_0290

Dsc_0291

 江戸期の文化を今に伝える「相撲」、「歌舞伎」、「町火消し」。聞くところによれば開催地の芝は「め組の喧嘩」で有名なところ。相撲、歌舞伎関係者を呼べば、際限なく広がるため、今回は限定人員で開催されたという。
 出席者は町火消しと縁深い人達ばかり。都内の有名神社、仏閣の代表者が名を連ね、都外の神道関係者は神・八幡朝見神社宮司が唯一。
 別府勢は翌日26日、山口氏が宮頭を務める江東区の「富岡八幡宮」を正式参拝。
 現在、新宮司の丸山聡一氏のもと、去る8月の天皇御在位30周年奉祝の二の宮神輿渡御で大成功を納めた。氏子社中は「深川八幡さま」に対する求心力、心の拠り所としての気運が再び最高潮を迎えたと、盛り上りをみせている。現在新年の準備や来年5月の天皇陛下御代替わりへの備えに追われる。
 当地は江戸で初めて歓進大相撲が開催されたところ。拝殿で正式参拝を済ませ、歴代横綱を顕彰した記念碑、地元の風俗を残した資料館、千組の先代山口政五郎氏が受納の音頭を取った我が国最大の大神輿など、富岡八幡宮神職の細やかな配慮を受けながら、江戸文化を堪能した。
 我が国、中世を代表する「江戸」が今に生きる。「古いもの」、そして本当の「昔のもの」は偉大な存在力を兼ね備える。ともすれば、排他的な風潮にとらわれる大都会にあって、帰属するアイデンティティーをしっかり守るお地元の人々、「江戸」は決して東京の一部分ではなく、我々日本国民共有の人間的文化遺産でもある事を再認識した旅であった。改めてここに記しておきたい。(完)

2018年12月 6日 (木)

[連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して⑥

 「纏」は火災発生時、逸早く駆け付けた担当組の旗印で、この家屋は我々が命懸けで守るというシンボル。当然各組纏持ちの死傷率が最も高い。江戸期は色白、顔長、背が高くイケメンが担当。現在のブロマイド的な錦絵も売り出され「○○組の新次郎」など町方のアイドル的存在として組の象徴となった。

Dsc_0251

 梯子は真新しい青竹。約7メートル程の長さ。直径は15~20センチ。2本の青竹はほぼ同じ位置に節目が来るものを選ぶ。足掛け位置を特定するため。青竹は火災時での延焼を防ぐ。1本の梯子を作るため、百本程の真竹から選ぶという。町火消しのお家芸に「彩粋會」の刺又乗りがある。江戸時代の家屋火消は打壊しが主体。家屋の柱や梁を刺又で打ち壊す。水をかければ、屋根下の商品がズブ濡れになり、商品の再生販売は出来ない。屋根部分を落せば、屋根が防火囲いとなり、商品は火災類焼をまぬがれ翌日から商売ができる。「刺又」は先端に幅30センチ程のU字形地の鋳物を取り付けた柱状の長さ3~4メートルの消火道具。柱状に立て、U字金物の上で演技する。最も危険度の高い技芸。
 「彩粋會」=高野勇会長=は記念会傘下の組織で、千組先代の山口政五郎氏が創立、各区から選抜した特殊部隊。刺青をほどこし、木遣り、纏振り込みにたけた者の集まり。「刺青」=いれずみ=といえば、反社会勢力を連想させるが、町火消のそれは職人の嗜みとした歴史がある。建設製造業に担わる人達から野菜、鮮魚を販売する者達にも広がった。(つづく)

2018年12月 5日 (水)

[連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して⑤

 祝賀会は(一社)江戸消防記念会小宮多喜次名誉会長が主催者あいさつ。次いで来賓として徳川宗家十八代当主後継者の徳川家広氏、増上寺法主八木季生氏、神田神社宮司大鳥居信史氏、大岡越前守子孫の大岡秀明氏、自民党東京都連を代表して石原伸晃衆議院議員、東京消防庁総監村上研一氏、また謝辞として記念会芝﨑清昭会長らがそれぞれあいさつ。公務のあい間をぬって、小池百合子東京都知事も駆け付け祝辞をのべた。式典は記念会名誉顧問の綿貫民輔氏の発声で乾杯、祝宴に移った。

Dsc_0272

Img_1543308018825

 会場は印半纏、腹掛け、股引き、草鞋掛けの町火消し、ベテランから若手まで約7百人が揃った。それぞれお家芸の「木遣り」「纏振り込み」「梯子乗り」のお家芸を披露、千4百人の割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。
 「木遣り」のルーツは、江戸築城の際、各地に伝わる労働歌。江戸城はじめ各大名屋敷の建設には全国各地から職人が集まり、労働歌が流入した。地形、石割り、棟上げなどの歌が集約され江戸木遣りが完成したとされる。その1つに紀州の木材の伐採運搬にかかる唄が基本型の一つ。現在、江戸町火消が保存する木遣りは170曲あまり。冠婚葬祭という儀式や主に御祝儀で唄われる。
 また今祝賀会の来賓には東京都下の有名神社や仏閣の代表が名を連ねる。町火消の時代に殉職した、火消しの供養は現在でも各組担当地区や、各区でねんごろにくり返されており、その影響で神仏の御加護を最優先する風潮があり、今に生き続ける。
 また、特記すべきは、この祝賀会の記念品として出席者に配られた品々の中に、「江戸町火消三百年」と表記された冊子がある。A4サイズの240頁建ての記念誌は創設期から現在までの江戸消防の足跡が当時の錦絵やイラスト、写真を含んで記述してある。なかでも町火消しの編成、消火方法、江戸から昭和年間に至る各組のエピソード、いろは48組や、各区担任区域内にある崇敬神社仏閣への奉納品など、事細かなドキュメント資料がちりばめてある。時間と精根を使い果たした結果の作品だろう。中世から近代に至る江戸東京の庶民文化を知る上でも実に貴重な文化財的資料を世に出した。記念会の信仰心の深さと先人=歴史=を大切にしようとする崇高な意識には驚くばかりだ。(つづく)

平成30年の第4回市議会定例会

 平成30年第4回別府市議会定例会が5日、再開された。市議5人が議案質疑し、委員会付託が行われた。

12052

 ▽野口哲男議員(自民・創生)が「子どもの居場所づくりに要する経費」について質問。
 阿南剛子育て支援課長は「食事の提供など子どもの居場所をつくる。開設に係る費用20万円など補助金を出す。市内には子ども食堂は8カ所。新規希望者の相談はない」と答えた。
 野口議員は「根本的な貧困問題の解決にならない。別府市だけでは解決できないので、国に要望したほうがいい」と要望した。
 この他、土地の売払いなどについて質問した。
 ▽松川章三議員(新風べっぷ)が「入湯税賦課に要する経費の追加額」について質問。
 宇都宮尚代市民税課参事兼税制係長が「入湯税を納めないといけないのは、150事業者。30事業者はシステム改修が必要。想定している50事業者分で10万円を上限として補助金を出す」と答えた。
 この他、温泉資源保護の推進に要する経費の追加額などについて質問した。
 ▽荒金卓雄議員(公明党)が「公の施設を他の普通地方公共団体の住民の利用に供することに関する協議」について質問。
 柏木正義総合政策課長が「現状は、電話や直接来てもらい、市内の住民が使う場所を取ってから市外の住民に活用してもらっている。来年4月から、インターネットで確認や予約ができる。相互利用することで、他都市から就業で来ている人が利用できて市民交流が増える。また、地域の活性化が図れる」と答えた。
 この他、指定管理者の指定などについて質問した。
 ▽加藤信康議員(市民クラブ)が「児童健全育成に要する経費の追加額」について質問。
 阿南子育て支援課長が「放課後児童クラブの開設に必要な経費がなかったり、新設したが運営できないことがある。それを解決するために、開設準備や新設の貸付を行う。返済方法は、毎月末に1年後までに返してもらう」と答えた。
 加藤議員は「現状の1つのクラブが増加して、2つに分かれることもあるかもしれないので、それも考えないといけない」と要望した。
 この他、工事請負契約の締結などについて質問した。
 ▽平野文活議員(日本共産党議員団)が「土地の売払い」について質問。
 奥茂夫総務課長が「市有地の売却の基準は、有効活用できるものは財産活用、財源確保の観点で行う」と答えた。
 平野議員は「市民の貴重な財産を売却をしてはいけないのではないか。それほどの財政難なのか」と述べた。
 また、市長の提案理由の「地方創生交付金を活用した事業などによって、別府は確実に良い方向に向かっているか」について質問。
 竹元徹秘書広報課長が「平成29年の商品開発は目標は10件だったが、実際は32件だった。しかし、目標額に届かなかった」と答えた。
 平野議員は「本当に良くなっているのか、疑問である」と述べた。
 長野恭紘別府市長は「いろいろな数値を見ても、全体的に良くなっている。30年度以降の数値を見てほしい」と答えた。
 また、委員会付託として総務企画消防委員会に12議案、観光建設水道委員会に8議案、厚生環境教育委員会に9議案が付託された。
 今後の議会日程は、次のとおり。(敬称略)
 ▽6日=委員会審査▽10日=一般質問(首藤正、穴井宏二、山本一成、市原隆生、松川章三)▽11日=一般質問(阿部真一、野上泰生、萩野忠好、河野数則、森山義治)▽12日=一般質問(安部一郎、竹内善浩、国実久夫、野口哲男、荒金卓雄)▽13日=一般質問(松川峰生、堀本博行、小野正明、三重忠昭、平野文活)▽14日=各委員長報告、少数意見者の報告、討論、表決

別府ライオンズクラブ60周年記念

 別府ライオンズクラブ(梶原泰雄会長)は、クラブ創立60周年記念として、市立14小学校に図書を寄贈するプロジェクトを計画。4日午前8時半、大平山小学校(平岡美佐子校長、329人)を梶原会長ら10人が訪れ、57冊を寄贈した。

1205t3

 別府LCは1959年4月に結成され、市内では一番古いクラブ。現在会員は25人で、地域社会の生活、文化、福祉、公徳心の向上に積極的に活動している。これまでも3クラブ合同の少年サッカー大会を始め、単独ではジュニアテニス選手権大会、市内中学校への卒業記念植樹、薬物乱用防止教室など青少年の健全育成を中心に行ってきた。
 今回、60周年記念事業をするに当たり、地域のために何ができるかを検討した結果、青少年の健全育成のために図書を寄贈することを決め、会員以外にもライオンズのことを知ってもらおうと初めてクラウドファンディングを利用。目標は20万円だったが、20万6千円が集まった。全体では約250冊を寄贈する。
 平岡校長が「みんなのために出来ることは何かなと考えて、活動してくれている別府ライオンズクラブの皆さんが来てくれました。沢山の本に出会うことで初めて知ることもあると思う。皆さんが何かを想像したりして心豊かになるようにと贈ってくれたと思います。大切にしましょう」とあいさつ。
 梶原会長は「私も40年前に大平山小学校が出来た時の1年生でした。友達と遊んだり、勉強したりといろんな思い出が詰まっています。本を読んでいろんなことを想像して、すくすくと育ってほしいなという大人たちの思いが詰まったプレゼントを持ってきました。健やかに元気に育ってほしい」と述べ、鈴木保錦児童会長(12)に手渡した。鈴木児童会長は「新しい本をありがとうございます。私は本が好きなので、とてもうれしいです。いつも温かく見守ってくれて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」とお礼を述べ、全校児童で「ありがとうございます」とお礼の言葉を言った。

2018年12月 4日 (火)

県建設業協会別府支部安全パトロール

 大分県建設業協会別府支部(和田修支部長)の労務安全委員会(安部勉委員長)は、年末年始における死亡災害の撲滅を図るため、「建設業年末年始労働災害防止強調期間」安全パトロールを3日午前10時から、市内3カ所で行った。別府支部のメンバーをはじめ、大分労働基準監督署、建設業労働災害防止協会大分県支部、大分県別府土木事務所、別府市建設部から14人が参加した。

1204t2

 別府建設会館で行われた出発式では、安部委員長が「今年の死亡災害は大幅に減っているが、毎年、この時期に多く発生している。現場は慌ただしくなる中で、事故が起こりやすくなる。無事故でお正月を迎えられるようにしたい」とあいさつ。小野伸太郎大分労働基準監督署安全衛生課長は「過去3年間を振り返ると、この時期に必ず死亡災害が発生している。今年は絶対にないように取り組みを一緒にやっていきたい」と述べた。
 平成30年10月末現在の大分労働局管内の労災事故は、960件でうち死者は4人。土木・建設関係では、6月に現場に向かう途中の交通事故による死亡と7月に足場で作業をしていて熱中症による多臓器不全で死亡する2件が起きている。
 今回は、保育園新築工事(平野工務店)、マンション新築工事(和田組)、市営野口原陸上競技場トラック走路改修工事(安部組・國本組工事共同企業体)の現場を回り、安全衛生推進者の選任などの管理体制、足場の手すりや昇降設備・仮設通路などの墜落災害防止、車両の運転者資格、運転休止中の建設機械などの措置状況、クレーン、型枠・足場、土砂の倒壊や崩壊防止法など細かくチェックした。保育園新築工事現場では、この日は雨のため作業員は少なかったが、整理整頓がきちんとされており安全対策も高く評価された。

[連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して④

 宮崎県延岡市観光協会のボス、谷平興二会長は、別府北浜の老舗旧あざみママの波多野美代子さんの紹介。聞けば四国八十八カ所御遍路道中で知りあったという、空海さんのご縁を頂いたようだ。

Dsc_0267

 佐伯勢はその谷平会長の紹介で「まつり佐伯」を来年に控え、江戸神輿納受の御世話を千組新次郎氏に依頼。千葉県市川市行徳の神輿師第15代故浅子周慶氏が手がけた「幻龍神輿」は去る10月17日に受納式を御地元佐伯市で挙行。現物を東京まで視察に出向き、市民総参加のまつりをよびかける、田中利明・佐伯市長は「佐伯幻龍」と命名。市民の心を一つにまとめるため、現在佐伯市役所1階ロビーに展示して、来春の担ぎ出しを待つ。
 この神輿は日本神輿協会副会長の楠威蔵氏の個人所有。15代浅子氏とは構想を含む10年間の歳月を費やした。神輿担ぎが見れば「鳥肌が立つ」程の作品で、二度と再び同型の神輿は作れないという。この神輿東京都下の祭りはじめ、海外にも足を伸ばして日本の伝統文化を紹介している。パリ万博やオーストラリア博覧会にも特別出演した。
 このようにして九州の祭りの粋を競う者が、江戸の粋に駆けつけるようになった。
 さて祝賀会場はプリンスタワー地下2階、火消し各区の受け付けを経て会場へ、丸テーブル10人がけが140卓。会場外には、江戸当時の火消し番屋を再現すた道具類が展示してある。江戸庶民の民族資料の品々は、山口氏と親交深いEDOワンダーランド、日光江戸村にある千組の町火消番屋から揃えた。江戸村は代表取締役「将軍」のユキ・リヨウイチ氏が協賛して「女魁道中」も特別出演させ錦上に花を添えた。(つづく)

別府警察署「湯けむり部隊」始動

 別府警察署は3日午前9時半、年末・年始特別警戒部隊「湯けむり部隊」を発隊した。

12043


 旧庁舎が餅ケ浜町にあったときは「潮かぜ部隊」だったが、田の湯町に移転して、昨年、部隊名を「湯けむり部隊」に変更した。
 年末にかけ、事件や事故の多発が予想される。三宮隆秀生活安全課長を隊長に平成31年1月3日まで、金融機関などの立ち寄り警戒、繁華街の夜警に力を入れる。
 発隊式は、制服姿の隊員32人が整列。三宮隊長から部隊集結報告を受けた木村浩和別府署長をはじめ、来賓も一緒に服装点検を行った。
 点検後、木村署長が「本年は初めに殺人事件があり、1月12日に死亡事故があった。事件や事故は最小を記録した昨年よりも少なく、良好に推移している。皆さんの協力の賜物。湯けむり部隊は、別府市内各地でたなびく湯けむりのように制服警官が『見せる・見える活動』をせよ」と訓示した。
 来賓の川上隆別府市副市長(市長代理)、塩地奎三郎市自治委員会会長がそれぞれあいさつ。また、安部正一大分県警察官友の会別府支部長、田山讓治県警友会別府支部長、岡松伸彦別府市金融機関防犯協会連合会長、永尾福康別府地区少年警察ボランティア協会長、阿部信一別府警察署協議会長、国実さかゑ、伊藤博太、中山慶一郎、堂薗昌子、原田勲明各別府署協議会委員が紹介された。
 今後、木村署長以下155人の全署員態勢で従来の警らに加えて、午後1時から同4時は金融機関、店外ATM、コンビニなどの立ち寄り警戒、午後10時から翌午前2時までは北浜を中心とした繁華街の警戒を行う。
 三宮隊長は「特殊詐欺の被害が後を絶たない。今年の別府市内での被害額は4200万円と県内最悪。金融機関での警戒活動をしていく。年末年始は観光客が繁華街に多くなるので、警戒警らを強化していく。年末だけに関わらず、無施錠の自転車盗や車上ねらいが多くなっている。ちょっとの間だから大丈夫ではなく、自転車や自動車から離れるときは確実な施錠を」と呼びかけた。

2018年12月 3日 (月)

[連載]江戸町火消創設三百年記念式に参加して③

 別府からは八幡朝見神社宮司で大分県神社庁長の神日出男氏、別府市役所観光課長(連合神輿初代の市職組統制員)の日置伸夫氏、本音會から橋本達途、佐竹信太郎、河野和保の各氏、大分県敬神婦人会から大島由美子さん、神輿の縁で結ばれた大分県佐伯市から谷川憲一佐伯商工会議所会頭、この日は東京タワーで開催中の大分県物産観光のフェアーとかけもちで、記念式典に駆け付けた。その若者頭は佐伯のトヨちゃん事、御手洗豊次まつり佐伯実行委員会事務局長、宮崎県延岡市の観光協会から谷平興二会長、盛武一則、岩佐純一の両氏そして幹事役の愚生、さらに地元東京で旧知の読売新聞東京本社メディア局の丸山典昭さん、外国人VIP専用のハイヤー会社を営む鶴田淳治さん2人も参加。この2人、ご両親が九州の出身という奇しき縁。総勢14人。

Dsc_0257

 江戸町火消し千組と小社の関係を改めて紹介してみたい。平成8年、井上信幸市長時代、新しい「祭り」を模索するなかで、北島三郎音楽事務所と出逢い、「ドリームバル」をスタートした。地元の祭りに錦上花を添えるため、前述の山口新次郎氏の実父で当時の組頭山口政五郎さんと以前から親交を得たご縁で、今日新聞社の社会貢献の一貫として町火消し45人を招請して、別府駅前で梯子乗り、木遣り行列、纏振り込みを市民に披露した。この事業には当時の建設業協会長安部正一安部組会長はじめ建設関係団体、神輿の本音會など、多くの組織協賛を頂いた。その後、浜田博市長時代に政五郎組頭が「ONSENツーリズム大使」に就任。祭りを通じた人脈ネットワークが次々に広がっていった。(つづく)

ホームビジター養成講座の修了式

 別府市光町の地域子育て支援センター「にじのひろば」(村田広子代表)は、家庭訪問型子育て支援(ホームスタート)を行うための訪問ボランティア(ホームビジター)養成講座の修了式を11月27日午前11時半、市公会堂で行った。別府市からの委託事業で、今年度で6回目となる。

1128t2

 ホームスタートは、子育て経験者が研修を受け、ボランティアで未就学児がいる家庭を定期的に訪問し、友人のように寄り添いながら「傾聴(話を聴く)」「協働(育児や家事を一緒に行う)」や親の精神的な安定、育児の悩みを解消して、地域へ踏み出して他の支援や人々とつながるきっかけづくりも応援するなどの活動をしている。
 修了を迎えたのは、4人。村田代表が1人ひとりに修了証を手渡し「これで、ビジターは36人となりました。子育て支援の輪が広がっていけばと思う。ビジターは宝であり、いないと始まらない。お母さんたちに寄り添って子育ての悩みを支援していければと思う」とあいさつ。阿南剛・市子育て支援課長は「皆さんの理解と協力なしでは前に進むことが出来ません。研修内容を生かして傾聴と協働を大事に取り組んでいただきたい」。ホームスタート九州エリア協議会長の土谷修ホームスタート・やしの実代表も「ホームスタートは九州で盛んで、特に大分県はとても盛ん。本当に頑張りながら子育てをしているお母さんたちに手が届くようにしていきたい。仲間になってくれて、ありがとう」と述べた。
 地域ささえあい交流センター「にじ」に移動し、先輩ビジターの手作り料理やお菓子、土谷会長のお手製グリーンカレーなどを食べながら交流会を行い、先輩の経験談などを聞いた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気