本紙購読

特集ページ

2017年12月 2日 (土)

親方の黒星

 日馬富士の暴力事件は、現役横綱の引退という結果を迎えた。角界を震撼させた。八角相撲協会理事長は謝罪のコメントを出す。日馬富士は痛恨、悔恨の記者会見。
 ここで腑に落ちないのが被害者貴ノ岩の親方の貴乃花。終始無言を貫く。協会の事情聴取には一切応じる気配はない。
 事の発端はモンゴル力士会でのトラブル。根が深い事を匂わせる。
 相撲協会は公益財団法人であり、その運営支援に税金が投入されている。貴乃花親方は説明責任を果たすべきだろう。
 モンゴル力士同志が親睦を深め、巷間こもれ聞くところによれば、「星回し」も行われているという。貴乃花はこれに異を唱えるという。
 よしんば仮にその様なことがあったとしても、所属する協会方針を一方的に覆すのは、はたして責任を負う立場の人間としてどうか。
 大相撲の横綱3人がモンゴル力士、幕内は10人以上が在籍。早い者で13歳から国を離れ日本へ。読み書き会話さえも満足に出来ない子ども達の精神的な支えは何か?同胞の絆以外に一体何があるというか。彼らはお互いを支え合い、故郷に錦を飾るべく、「相撲道」に邁進している事、関係者なら周知の事実。一頃低迷した相撲人気を、支えつづけているのがモンゴル力士。もし貴ノ岩本人が被害届けを取り下げたなら、日馬富士もこのように追いつめられ、退路を選ぶ事もなかったのではと推測される。
 モンゴル力士の団結に異を唱えるのではあれば、日本人力士の技量向上に心血を注ぐべきだ。そして貴乃花親方自身、巡業部長の役職を返上し、説明責任を果たし、今後一切、モンゴルはじめ外国人の弟子入りを拒むべきだろう。これ以上の我を張り通せば、人種差別という痛い黒星となる事を「相撲道」として受け入れて欲しい。
     (陽)

2017年11月10日 (金)

いらぬ世話

 大分県大分市は九州圏内で福岡、北九州、熊本、鹿児島に次ぐ第5位の都市。人口は48万人。

 大分県の県都大分の表玄関、JR大分駅前のパルコ跡地を大分市は23億円で買収、2019年のラグビーワールドカップ大分大会用に、「祝祭の広場」として活用する方針を打ち立てた。隣りの別府温泉の愚生のようなクソ親父が、物言う筋のものではないが、県都の表玄関が「祝祭広場」でいいか。イベント用広場といえば聞こえはいいが、単なる「空き地」を利用した程度に過ぎないのでは。

 そもそも首長の佐藤樹一郎大分市長は県立雄城台から東大、経産省のエリート官僚。広瀬勝貞知事をして「敬愛する後輩」と言わしめ、将来に期待を寄せられる人物。首長としては駅前の一等地、民間活力の有効利用や企業誘致など拡大再生産を伴う計画をもって対象すべきであり、地方行政が直接介入すべき案件ではないのでは。大分市はその昔、「新産都」と銘打って新日本製鐵の元祖企業誘致で、財政的に今でも極めて恵まれた環境にある。目くじら立てて増収を図る必要にも迫られない。エリート官僚出身の佐藤市長、今後の構想の中に「実利」を伴う地元経済への刺激策として有効活用へと移行する事も推測できる。

 「いらぬ世話」の者がとやかく言う筋合いではない事、百も承知ながら、県都大分を愛する者の1人として、若い頃よく大分に通った。トキハ、竹町、中央町で物や情報など幾多の「未知との遭遇」を味わった。大分に行く事が楽しみな時代でもあった。願わくばあの時代の栄華を今一度。

 我が地元の別府?心配後無用まだまだこれからだ!    (陽)

2017年11月 8日 (水)

表裏の格差

 いいかげんにしろ韓国!―――2泊3日の日本滞在を終えた、トランプ米大統領は次の訪問国の韓国へ。「エアーホース・ワン」から降りたトランプ氏を迎えたのは当地の外相。歓迎セレモニーのあと、首脳会談では対北の対応について、一応の合意と認識の再確認を取った。この後の歓迎の晩餐会。問題はこの日のメニュー。主客揃いを食するという本来の親善行為を自国の外交戦略に置き換えた。

 現在領有権を日韓で議論している「竹島」=韓国名は独島(ドクト)。ここで獲れるエビを「独島エビ」と称してテーブルに。また秋の旬「松茸御飯」も加わった。松茸御飯は完全な和食のパクリ。ご丁寧なことに晩餐会終了後の招待者見送りでは元従軍慰安婦が登場して、トランプ氏にハグを求める状況がテレビに登場した。

 少し解説するが晩餐会メニューに登場した「松茸」は、日本料理独特の調理で、旬の香りを演出するが、これが欧米人には不評。「汗にまみれた裸足の臭い」と感じ取られている。残念ながら彼らには「おもてなし」という外交感覚は備えていないようだ。トランプ氏のアジア訪問前、「日本が2泊3日で、なぜ韓国は1泊2日か!」というクレームも米国に伝えている。なぜか?

 当たり前だ!米国側も一行到着するや、反米、反トランプのデモや集会を放置。この光景は深夜に及んだ。デモや集会の参加者のほとんどは文在寅(モンジェイン)大統領の支持者。表面で手を握り、裏で足を払いのける。この表裏の格差激しい対応に真の信頼関係は構築できるワケがない。米国側もここを深く「忖度」している。彼らはよく「歴史認識」を口にするが、時折りその歴史を捏造して世界に広める。

 今日新聞の平成30年新年号第一部は、改めて我が国の「歴史認識」共有のための「素材」を掲載することとした。親善外交をたくみに「反日」「嫌日」にスリ変える手法に徹底対抗する。

 まあ、それでも我々お人好し日本人は「焼肉」「冷麺」「キムチ」を楽しみつづけるのではある。  (陽)

2017年10月23日 (月)

「希望」が生んだ犠牲

 衆議院選挙はほぼ予想通りの展開となった。大儀なき解散とは言うが、緩みきった自民党議員には国民の「喝」が与えられのでは…?今回は新党「希望の党」が誕生したが、国民の期待を裏切ったようだ。

 党首の小池百合子東京都知事は、政権交代可能な第2の保守勢力と位置づけたが、前哨戦から支持は高まらず、終盤では自公の底力が物を言った。

 「都民ファースト」に加え大阪維新の松井一郎大阪府知事、当初は愛知県大村秀章知事の「三都連合」などと称して協力体制を取ったが、いい気なもんだ。国政を東京、大阪、名古屋だけで連携して、これを担うという意識が地方の反感をかった。地方行政をあずかる者が国政を慮って地に足がついていない。

 小池知事誕生には、前職の枡添都政の批判から始まり、自民党都連非難、豊洲移転の再考、東京五輪の会場建設批判に及び、「都民ファースト」の会派を立ち上げたが、都知事としての実績は皆無に等しい。「希望」結党から候補者に政策や政治活動に対する誓約書を取り付け、出馬費用3百万の拠出、党首とのツーショット写真に3万円を要求。このタレント気取りが不評となった。行き場を失った「民進」議員に旧守派議員を「排除」する―――高慢な言動だった。

 伝えられるところによれば、希望の党候補者は小選挙区で3百万円、比例3百万円、党の上納金百万円の計7百万円が要求されたという。「金が無い者は選挙に出るな」―――ということか。彼女の地方遊説も大部分、都知事職の公務の合間をぬってと苦しい言い訳。知事職にそんなヒマないハズだ。松井大阪府知事も同様。地方行政をあずかる者。たとえば「地方創生」のしっかりした意気込みをこの選挙選で耳にしたことがなかった。東京都といえど、47都道府県の1つであり、あくまで日本全人口の1割。東京優先、大都会感覚で国政に当たるのであれば、国民は決してこれを良しとはしない。

 今回のこの戦い、現政権の批判だけで兵を進めた位の始末だった。党首はフランスへとび知事として「公務出張」。パリで選挙開票をながめた。弾(たま)の飛んで来ない所で、兵士たちの結末を見た。大分3区で当初、「希望の党」公認の若手が立候補を表明した。旧民進で立憲民主公認を受けた元ベテラン代議士が突然の出馬表明。反自民、野党勢力の結集を見るや志半ばにして不出馬。このように地方には新党の手厚い支援は受けられず、党首は側近や重要拠点にテコ入れするだろう状況を憂慮した者も大勢いた。政治家を志す者が、戦わずして、戦えずして、戦場を去った。いささかの不憫を感じると同時に、新党が備える「地方」への対処能力とはこの程度かと感じた。彼は「希望」が生んだ犠牲者だった。  (陽)

2017年10月 6日 (金)

三望の君

 「希望」に胸ふくらませた一年生入学“予定”の皆さ~ん!おめでとうございま~す―――「ハイ!校長センセーと記念写真は1人3万円で~す。入学資金全部で一人七百万円で~す。用意できました?」の一言で「希望」から「失望」に変わり、「校長センセーは学校に来ません。みんなと一緒の授業もありません。それでは入学試験頑張ってね!ファイト!ファイト!『ファースト、ファイト!』」のシュプレッヒコールで、もはや「絶望」の状態。
 「希望」母の会(築地の魚屋のオカミさん達)は、「校長センセーとの2足のワラジはダメよ。一度教育方針を掲げたら最後まで結果を出しなさいヨ」と、きつ~いダメ出し。
 「だから最初から言ってるでしょう。私は出ません。学校には行きません」と校長就任「予定者」となった百合子サンの弁。若狭教頭センセーに「あなた私に黙って変んな事言ってるらしいワねえ、大体あなたには『若さ』が足りないのヨ」。
 PTA会長のつもりでいつか校長のイスを夢見ていた前原クン、「学校全ておまかせする約束で、あなたを指名して、資金も準備してこの話に乗ったのに……」
 「仲間からボロクソに言われて……」
 「ボクの推せん入学者も無断で断って……」―――このテイタラクを怒り心頭の前原クンの同級生枝野君は、「よ~しこうなったら、ボクらで純粋な寺子屋を作るゾ!だらしない奴らめ!」―――静かに見守る2人のある校長センセー、「森友や加計の方がまだましやのう~」と呟いた。本当か?
     (陽)

2017年9月16日 (土)

「放置」の責め

 北朝鮮はミサイル発射をくり返す。核実験や弾道ミサイル発射により、核武装国としての存在感を示し、金正恩体制を世界にアピールしつづけ、「軍事大国」のイメージを焼き付けようにかかる。平和ボケで脳天気な日本は、Jアラートの不備みたいな瑣末な事象ばかりがクローズアップされる。核実験やミサイル発射など、一触即発となる長髪更衣をなぜ続けるのか。答えは実は簡単明瞭だ。中国にしても北朝鮮にしても韓国にしても、人民解放軍、人民軍、国軍のそれぞれが、「開戦」を経験した事がない。真の戦争の悲惨さを味わった事がないからだ。それぞれの国軍は国境線での武力介入や、義勇軍としての参戦はあったが、国家国民の安全保障という総体的な立場での「戦争経験」はない。

 日本はどうか。明治維新から近代化に入り、清国、ロシアそして太平洋戦争という3つの戦争を経験して、原爆投下による敗戦という、人類史上極めて悲惨な体験を身をもって受け止めてきた。

 誰が喜んで戦争への道を歩むか!まず犠牲となるのは若き兵士であり、その家族である。

 金正恩氏は「先軍思想」を協調するが、真に軍隊に対する思いは感じさせない。国(武)力を表示するための進化としての扱いに映る。

 外国人を平気で拉致し、その自由、人命、財産を奪う。一頃はテロ活動に専念してテロ国家としての名声を築き上げた国。今回のミサイル発射で安倍首相はこの国に「明るい未来はない!」と断じた。

 日本には対処能力が存在する。ただ過去の経験から暴走を戒め忍耐を正義とし、その行使を放棄する傾向がある。そしてこの国をそのまま「放置」して来た責任も等しくある。  (陽)

2017年9月12日 (火)

百年のDNA

 大分県立別府鶴見丘高校同窓会(鶴嶺会)は60歳前後がとくに「人材の宝庫」といわれる。昭和46年卒業の24回生を見てみると、東大現役入学は3人。(26回は5人※幹事団注)なかでも生涯現役を誇る教員(教育者)を見ると、別府大学教授の篠藤明徳さんは別大広報室長兼任。県立佐伯鶴城高校校長だった甲斐直彦さんは野口元町1区自治会長で町の世話役。市立中部中学校長だった御手洗茂さんは学生時代はバスケットの名選手。大分教育事務所長だった堀仁一郎さんは現在、日出町の教育長。鉄拳教育も許さない!で知られる久保恭友さんは元大分高校の教頭。
 まだある。ドクター分野では、前別府市医師会長の河野幸治さんは県医師会の副会長。岩永成晃さんは2代目の岩永レディースクリニック院長。同じく2代目の渡部純郎さんも渡部循環器クリニック院長。東大を1年で辞めて大分医大第1期に進んだ金光強中さんは、東京で開業医。この人達は頭脳も優秀ながらスポーツの分野でも目立った存在。
 鶴見丘百年の歴史にはこのように文武両道に秀でたDNAがある。これからの鶴見丘に期待したい。
     (陽)

2017年9月 7日 (木)

幼少の求道者

 明豊高校野球部の甲子園での活躍は、今だに鮮明に脳裏に刻まれている。「逆転満塁ホームラン」「代打満塁ホームラン」「背番号17のホームラン」など甲子園の歴史を次々と塗りかえた。別府市民のみならず、大分県民の心に残り、県民に「誇り」を与えてくれた。
 一部の人達の中には、生徒は全国から集めた子ども達で、「純粋」な地元の子ではないのではと、皮肉る。――情けない。
 明豊は中、高一貫教育。中学校の野球部、卓球部などのとくに体育会系は、小学生の頃から受け入れ準備をする。小学6年生12歳。両親や保護者に甘えたい盛りだ。ほんの子ども、人生ヨチヨチ歩きの子が、親もとから離れそれぞれの道を志す。小6・12歳にして、中3・15歳にして、自分の歩むべき道をこの明豊に求める。
 学校側は教職員が教師としての役割だけでなく、家族として彼ら、彼女らを育て上げる責務を担う。父親、母親、親せき、近所のおじさん、おばさんの役割が求められる。勉強さえ教えておけばそれで済むものではない。多感な時期の人間教育も。明豊に限らず各校とも同じ状況下にある事は紛れもない。
 彼ら彼女らには「古里」が2つある。一つは出生の地、両親が生きるところ。もう一つは母校であり、チームメート、クラスメートである。
 栄光の全国ベスト8は、そんな環境のもとで育てられた。学校から実相寺の練習場へ急ぐ子たちは、道行く市民に大きな声であいさつする。時折りボランティア清掃にも汗を流す。「純粋」「純心」な別府っ子である。
 この甲子園大会、2アウト満塁の場面。バッターボックスに向かう、我が明豊の打者がニヤリと笑みを浮かべた。
 「野球とは人生そのものだ」と色紙に揮毫する、長嶋茂雄氏(現・巨人軍終身名誉監督)、現役時代、絶妙な場面で時折り、うっすらと笑みを表わす。なぜかあの場面を思い出した。
     (陽)

2017年9月 6日 (水)

次回の発射は……

 秋篠宮眞子さまと、小室圭さんの婚約内定発表―――奉祝ムードに冷水を浴びせたのが、北朝鮮の核実験。幾度となくミサイル発射実験をくり返し、とくに日米の安全保障政策は北朝鮮への「脅威」として、その実力行使は止まることがない。
 レーガン大統領の時代には「テロ国家」と認定され、ブッシュ大統領時は「悪の枢軸」とされた。
 3日、眞子さまが学生時代に生まれた誠実な愛の姿は、その後も育まれ続け、お二人の交際は結婚を前提としたもの。当日の婚約内定の発表は事前に宮内庁広報からマスコミ各社に通告されていた。本来なら翌日のトップを飾るにふさわしいもの。この日をあえて選んだフシがある。国家のシンボル(象徴)たる皇室の慶事に当てた計画的な暴挙。当日は、唯一の理解者(国)であった中国が、アジア、ヨーロッパ、アフリカ新興5カ国の首脳を集めた会議(BRICS)開催の矢先。リーダーをつとめる習近平氏の顔に泥を塗った。
 米国のトランプ氏はテキサスのハリケーン被害対策に追われ、3兆3千億円とされる被害総額への対応に追われている間の出来事。各国の「スキ」を突いた「高等な戦略」と自我自賛するが、これは「騙まし討ち」そのもの。9月9日は北の「建国記念日」。今度の打ち上げは、お祝いのロケット花火にしておきなさい。ミサイルはダメ!ダメ!
     (陽)

2017年8月30日 (水)

若者を見習え

 夏休み最後の日曜日を終えて、子ども達は宿題や提出課題にラストスパート。家族との思い出をまとめ、夏休みのレポートとしているのでは・・・。9月の新学期に向け、どんな活躍をするか、「覚悟」も充分に定めたのでは。泉都別府は明豊高校野球部の甲子園での奇跡の活躍で湧き上がり、球児から与えられた「生きる勇気」栄光に向けて「あきらめない心」が市民に伝わりつづけている。この若者達から多くを教わった。
 29日早朝、そんな人々の思いを踏み躙るようなミサイル発射。北朝鮮は平壌近くの順安から「人工衛星」と称す、弾道ミサイルを発射、ミサイルは北海道の釧路上空を通過して千数百キロ沖の太平洋に落下した。
 なぜあい次いで、無謀なミサイル発射実験を繰り返すのか。金正恩体制確立を内外に示し、強、大国に屈しない国家の姿と固持する事が狙いだという。
 馬鹿げている。そもそも他国に「屈しない」とはどういう精神構造か。
 朝鮮民族はその昔、近代化なる前は「読書人」と呼ばれる哲学者らが中心となって法体系を確立、貴族として朝廷を支えた。外敵に対しては「花郎」と呼ばれる武士集団が国防を担った。双方は「両班」と呼ばれる貴族階級ながら、儒教精神を支柱に国家に対する忠誠心を貫き、常に犠牲的精神をもって公に仕える事こそが最高の美徳とした。階級制度の厳格な運用はあったが、能力のある一般国民や武功に秀でたもの、下層階級出身者でも実力次第で門戸が開放されるシステムも確かに存在した。
 朝鮮民族の偉大さはむしろ、国外からの評価が高い。時の朝鮮総督だった伊藤博文に対し、新渡戸稲造が早期の日韓併合を訴えたが、伊藤は「彼らは実に優秀な民族。現在は政治が十分に機能していないため、諸外国の干渉を受けているにすぎない。日本は拙速な対応をすべきではない」とこれを戒めた。
 その伊藤を己の思い違いで暗殺した安重根に対し、日本人有志は安の愛国心を認め、助命嘆願の運動を展開した。
 金正恩体制にしても、従軍慰安婦の次は戦時の「徴用工」の立像を立てて、戦時補償を要求する文在寅韓国大統領、程度の差こそあれ日本に対するスタンスは極めて等しい。
 別府の西法寺通り沿いに二店の焼肉店がある。双方とも家族、縁者が北と南の出身者だ。それぞれ味わい深い料理を提供してくれる。両店間にある細い路地を彼らは「38度線」と呼ぶ。母国と違うのは両店のヤング店長とも実に親しく交わりつづけて今日を迎えているということ。
 金さん、文さん別府に来てこの光景をみてみろ!この若者達を見習え!
     (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気