2017年8月17日 (木)

地獄蒸し工房鉄輪の指定管理

 別府市は、第1回別府市観光戦略部指定管理者選定委員会(河村貴雄委員長、5人)を開き、地獄蒸し工房鉄輪の指定管理者の選定についての協議を行った。

0817t2

 地獄蒸し工房鉄輪の指定管理は平成24年から行われており、29年度に終了するにあたり、引き続き同じNPO法人を選定していたが、事業報告書の収支報告書に事実を異なる掲載があり、基本協定書に違反していることが判明したことから、指定を取り消し、3月から別府市が直営で運営をしている。
 平成30年度から新たな指定管理者を選定するため、再び委員会を開き、募集要項案と業務仕様書案について協議、承認した。
 これまで、約1100万円の指定管理料を支払っていたが、これを止め、独立採算制とする。また、7月に改定されたガイドラインに沿って、応募資格の欠格条項として、指定管理の取り消しを受けてから2年間は応募できないことを明記。さらに、収支報告書は公認会計士などによるものでなければならず、運営などに際して改善指導などをしても改善されない場合は指定を取り消すなど、厳しいものになっている。
 現在、地獄蒸し工房鉄輪には約10万人が訪れており、年間1000人増を目標とし、外国人観光客も多いことから、インバウンド対策も必要。運営協議会を設置し、利用者アンケートを取るなどしてニーズを把握し、利用者の声を反映できるような運営を求めていく。
 23日から募集要項を配布し、30日に現地説明会、9月19日から28日まで申請書を受け付け、資格審査や面接などを行い、12月の定例別府市議会に提案する。
 松川幸路観光課長は「利用客に最適な運営を行い、当然のことながら、健全で透明な財務運営が出来るところに担ってもらいたい」としている。

2017年8月15日 (火)

市軟式野球の中学生新人戦大会

 第36回別府市軟連会長杯中学軟式野球新人戦大会が11、12日に市営野口原ソフトボールA及びB球場で開催された。

08153

 2年生主体の新しいチームでの試合となり、山の手と浜脇は合同チームで挑み、明豊は第34回全日本少年軟式野球大会出場のため欠場。6チームが出場し、3チームごとの総当たり戦を行い、上位2チームずつ、計4チームで決勝トーナメントを実施した。
 決勝戦は北部と中部の対戦となり、北部が1回裏に1番の藤内(銀)選手が2塁打で出塁すると、送りバントで3塁まで進み、3番の児玉選手の高くバウンドした内野ゴロの間に生還し、先制。4回裏にも5番の菊池選手が3塁打を放つち、続く江藤選手のヒットで1点を追加した。投げては、先発の幸投手(主将)、リリーフの藤内(銀)投手が好投し、ヒット1本に押さえて2ー0で北部が9年ぶり8回目の優勝を飾った。北部のメンバーは次のとおり(敬称略)。
【北部中学校野球部】▽監督=大海智彦▽コーチ=汐見浩一、岡利浩▽選手=幸修也、児玉堅、藤内銀士郎、工藤勇羽音、藤内里音、伊地知優希、渡邊颯汰、藤内和斗、是永翔稀、原田凛星、中本悠斗、豊島快土、高橋柊哉、菊池昻紀、佐藤燦太、佐藤慶一、加藤漣、豊田未来翔、下峰幸輝、小川凌

戦時中の暮らしが満載 「写真週報」

 あす15日は72回目の「終戦日」。駅前本町の蔵ギャラリー&喫茶しばた(柴田初子オーナー)は、戦時中の国民の暮らしが記載された週刊国策グラフ雑誌「写真週報」を所蔵している。

0814o_2

 同雑誌は当時の内閣情報部により、昭和13年2月16日号(創刊第1号)から同20年7月11日号(第374・375合併号)まで刊行された。当時の価格は10銭・A4版・20㌻。戦時の国民生活を写真で特集しており、当時の人々の窮乏生活を多彩に特集することで実態を和らげる効果を狙ったという。
 柴田オーナー(77)の父で当時全日本翼賛会別府支部で戦意高揚のために活動していた杉原孝次さん(故人)が、別府市中央町の住民に回覧していた同雑誌17冊を保管していたもの。
 第283号は「防空必携写真解説」をテーマに、「焼夷弾が落ちたら」「死傷者が出たら」などのほか、緊急時の飲料水、食料、銀行預金、郵便貯金の扱いなど仔細に渡って解説。このほか人々の身近な暮らしにも触れ、限りある資源の活用方法なども記載。当時の日本国民の生活を知る貴重な資料となっている。一部は現在の防災対策マニュアルとしても生かせそうな内容。
 柴田オーナーは「読んでみると、全然経験したことのない事実ばかり。苦しいことばかりかと思っていたけど、当時の人々は物が不足している中で工夫し、楽しく生活しているように感じた。戦時中だが、精神的な幸福度は今よりも高かったのかもしれない」と話している。

2017年8月14日 (月)

第99回全国高校野球選手権大会 明豊勝利し3回戦へ

 第99回全国高校野球選手権大会2回戦に大分県代表の明豊が大会6日目第4試合となる13日午後3時40分、坂井(福井県代表)と対戦し7―6で勝利し、3回戦に駒を進めた。県勢でも6年ぶりの勝利。
 明豊の留守番部隊は、明豊中・高校卓球部43人と教員ら約60人が図書室でテレビ応援し歓喜に沸いた。

08143

 3回裏、明豊の1番三村鷹人主将(3年)が2塁内野安打で出塁すると、2番の琉尚矢(3年)が投手前送りバントで1死2塁となる。3番の濱田太貴(2年)が左フェンス直撃の適時2塁打を放ち、1点を先制する。
 同点に追いつかれた明豊は5回裏、琉が四球で出塁すると、濱田が右中間適時2塁打を放ち、琉が本塁に戻り勝ち越し点を挙げる。佐藤祐貴(3年)、本多真也(3年)の連続右前安打で1点を追加する。続く吉村建人(3年)が左前適時打で4点目を挙げて、リードを広げた。
 坂井は、明豊投手が佐藤楓馬(3年)から橋詰開斗(3年)に代わった6回表に1死2塁から3連打で3点を奪い同点。8回表2死2、3塁、明豊の3塁手本多が1塁への悪送球で、2人が生還し坂井が初めてリードした。
 8回裏、明豊の橋詰の代打松谷尚斗(3年)が四球を選び出塁。続く、管大和(2年)が遊ゴロで2塁封殺。1塁への悪送球の間に、管が2塁に進んだ。三村主将が左中間適時2塁打で1点を返し、5―6になる。2死2塁に、濱田が左越えに大会第29号となる2点本塁打で7―6と逆転した。
 坂井最後の攻撃となった9回表、明豊は代わった投手の溝上勇(3年)が2番松浦光輝(3年)を1塁ゴロ、3番帰山賢也(2年)を2塁ゴロ、4番牧野大和(3年)を空振り三振に抑えて試合終了した。

08143_2

 応援部隊は、1点入れるごとに青いメガホンを打ち鳴らした。坂井にリードを許したときは「キャー」と悲鳴が。しかし濱田の本塁打では、打った瞬間に本塁打と分かる当たりで大歓声が会場に響いた。9回表の最後の打者が三振に倒れると、全員が「やったー」と興奮が最高潮になった。
 校歌が流れ始めると、留守番部隊全員が起立し甲子園の選手らと一緒に歌った。
 川崎絢平野球部監督は「濱田は8回までの打席でタイミングがバッチリだったので、打つのは濱田しかいないと思っていたが、まさか本当に打ってくれるとは思わなかった。濱田は物怖じせず大きな舞台で活躍できる選手なので、初球から積極的に自信を持ってバッターボックスに入ってくれたことが、一番良かったと思う」と逆転弾について述べた。
 試合全体について「つないで点を取ろうと考えており、もっと早く打てれば良かったと感じた。継投については、最初からとても難しいと思っていた。相手が想像以上に粘り強く、ボールに食らいついてきていた。これまでも継投できており、誰かがダメなら誰かがカバーをするといったことをしてきたので、今後もカバーしていく。次の試合は、いかに失点を少なくするか、勝負所でのプレーがいかに効率良くできるかだと思う」とコメントしていた。
 堀順明豊中学・高校教頭は「頑張って、ここ数年の県勢の悲願でもあった初戦を突破したことは嬉しい。このペースで、勝ち進んでほしい。全員が打っていけるので、最後まで諦めずに頑張ってほしい」。
 明豊高校卓球部の後藤秀虎さん(16)=2年=も「とても感動した。野球の面白さを感じ、改めて良いと思った。逆転されたときは『勝つのか』と思ったが、本塁打が出たときは『すごい』と思った。3回戦も、この勝利を自信にして、明豊らしい打線を見せてほしい」とそれぞれ話した。
 明豊の次の試合は大会10日目の第3試合(17日午後1時)から、京都成章(京都)と神村学園(鹿児島)の勝者と対戦する。
 九州勢の残りは、明豊(大分)、聖心ウルスラ(宮崎)、秀岳館(熊本)、神村学園(鹿児島)の4校。

2017年8月12日 (土)

あす明豊の初戦、坂井と対戦

 第99回全国高校野球選手権大会に大分県代表の明豊(夏6回目の出場)が第6日目の第4試合となる13日午後3時半から、福井県代表の坂井と対戦する。

08122

 明豊は、大分大会では準決勝までの4試合で2桁得点を記録しコールドで勝ち進んだ。決勝戦を含む5試合で58安打53得点と、圧倒的な打力が持ち味。チーム本塁打は9本。うち4本が、4番を任されている杉園大樹(3年)。また、チーム全体の選球眼も良く、5試合で四球22だった。決勝戦では、夏の甲子園に通算15回出場し2年前と同一カードとなる大分商業と対戦。右腕の横手投げの橋詰開斗(3年)がフライアウトの山を築いて、3安打完封した。橋詰は入学時、捕手だったが、肩が強く2年生のときに投手へ転向している。
 明豊の対戦相手となる坂井は、福井県大会をノーシードで勝ち抜いた。また対戦相手はいずれも歴代の甲子園出場校で、1回戦は北陸(春1回、夏2回)、2回戦は美方(夏1回)、3回戦は武生(夏4回)、準決勝は福井商(春17回、夏22回)、決勝は敦賀(春4回、夏17回)と対戦している。投手の吉川大翔は、球速が130㌔後半だが球威がある。その吉川を中心に守りでゲームを作り、打線は繋ぎに徹して足を活かして少ない好機をモノにしていくスタイル。
 明豊が甲子園に出発する前の7月29日、別府大学食物栄養科学部食元栄養学科の平川史子教授の研究室が、明豊野球部員たちに「練習の成果を100%発揮するための栄養レクチャー」を実施した。平川教授は、福岡ダイエーホークス球団管理栄養士としての経験があり、アスリートへの栄養指導も行っている。
 平川教授と食物栄養学科の学生が食品カードやリーフレットなどを使って、試合前日の食事のポイントとして①炭水化物・ビタミンの摂取②脂質の多い食事は控えること―と説明。試合当日は①朝食をきちんと摂ること②朝食以降は試合のスケジュールに合わせて補食を摂ること③水分補給はこまめにする―と食事指導をした。

観海禅寺憩翼碑で第13回慰霊祭

 別府市老人クラブ連合会(林三男会長)主催の「第13回憩翼碑慰霊祭」が11日午前11時半、観海寺の観海禅寺で行われ、旧海軍出身者で構成する大分県海交会、地元自治会や関係者ら約40人が参列した。

0812t2

 憩翼碑は、太平洋戦争末期に出撃を控えた旧海軍の神風特別攻撃隊員が半舷上陸し、戦地におもむく前のひとときを杉乃井旅館(現杉乃井ホテル)などで過ごしたことから、元女将の西村勝乃さんが若き人々の戦死を悼み、浄財を集めて昭和28年4月に建立した。高さ3㍍の御影石の台座の上に慈母観音像をいただき、台座の中央には、離陸直前、操縦席で手を振る“若き海鷲”のレリーフがある。
 慰霊祭では石碑の隣に海軍旗が掲げられ、陸上自衛隊別府駐屯地第41普通科連隊の坂本健3曹(30)がラッパを吹奏、全員で黙とうをささげた。元自衛官の谷山豊樹住職が読経を行う中、林会長、渡邉泰行県海交会事務局法、阿南寿和副市長、三重忠昭市議会副議長、吉冨英三郎県議ら参列者全員が焼香した。
 追悼吟として、大野岳陽さんが「九段の櫻」、川野惣平さんが「戦没学生の手記短歌3首」を詠んだ。
 林会長が「戦争末期、別府を最後の地として宿泊し、見送られながら戦火に散った。非常に厳しいものだったと思う。二度とこのような戦争を起こさないよう、見守っていきたい」。
 渡邉事務局長(会長代理)は「杉乃井や清風、伊藤別荘を白い軍服を着た人たちが歩いているのが脳裏から離れない。慰霊の気持ちを忘れないでほしい」と述べた。
 来賓の阿南副市長(市長代理)と三重副議長(議長代理)があいさつした。

2017年8月10日 (木)

油八珈琲煎餅を発売

 株式会社三洋産業と別府温泉宣伝協会が共同開発したお菓子「油八(あぶはち)珈琲煎餅」の発売会見が9日午後1時半、市役所で行われた。

0810t4

 中塚茂三洋産業会長(85)、平野芳弘別府温泉宣伝協会代表(65)と今回のお菓子の売り上げの一部を贈る「Shiny Uncle~ミュージカル油屋熊八~」(主催・シオナーズキッズミュージカル)の脚本・演出のあべこさん(42)、油屋熊八役の高村悠さん(17)、梅田凡平役の濱田美空さん(16)が出席。
 別府観光を築いた油屋熊八は、甘党で珈琲好きだったことから、珈琲煎餅を作ることになった。米国帰りでアイデアマンだった熊八は、明治44(1911)年に別府温泉で亀の井旅館(のちのホテル)をはじめた時、他の旅館・ホテルに先んじて西洋料理と珈琲を出していたという。「油八」は、油屋熊八の別名。
 珈琲煎餅はレギュラー珈琲を練り込んで焼き上げたもので、コーヒーの香りと味が楽しめる。3月から試作品を作って完成させた。油屋熊八の顔の形をイメージした小判型で、1袋5枚入り。1箱4袋入って千円(税別)で16日から販売する。箱のデザインは、油屋熊八と少女車掌村上アヤメさんが描かれ、元別府大学教授で漫画家のクニトシロウさんが手がけた。中塚会長は「コーヒーは体にもよいし、煎餅にすることでちょっと苦手という人も食べられると思う」。平野代表も「熊八の功績をPRしていきたい」と話した。
 販売場所は、別府温泉宣伝協会、三洋産業、市内の旅館・ホテル、観光施設、NPO法人別府八湯温泉道名人会事務書、ミュージカル開催会場、熊八ウォーク(11月1日~12月3日)など。
 また、売り上げの一部をミュージカルの四国、大阪公演実現のための資金の一部とする。ミュージカルは20日に大分市のiichikoグランシアタでショートバージョンを披露し、来年2月に別府市で本公演を予定している。あべこさん、高村さん、濱田さんがミュージカル調に珈琲煎餅の宣伝を披露し、盛り上げた。

別府市が「地域福祉計画策定」へ

 別府市は、「地域福祉計画」策定のための第1回委員会を9日午後2時から市役所で開き、策定方針や今後のスケジュールなどについて話し合った。
 厚生労働省は、社会福祉の増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律による改正後の「社会福祉法」において、地域福祉の推進を掲げ、地域福祉計画の策定を市町村が主体的に取り組むように通知している。

0810t2

 委員は、有識者、福祉活動者、行政、福祉活動団体、医療団体から10人で構成されている。
 阿南寿和副市長(市長代理)が委員1人ひとりに委嘱状を交付。委員長に衣笠一茂大分大学福祉健康科学部長、副委員長に阿南副市長を選任した。
 福祉計画では▽地域の課題解決力の強化▽地域丸ごとつながり強化▽地域を基盤とする包括的支援▽人材の確保ーを柱に、支え合い、助け合い、全体の福祉ネットワークの構築を目指す。地域ごとの住民のつながりを通じて、地域の福祉力を高める。期間は平成30年度から32年度までの3カ年。
 広く住民の意見を聞くため、18歳以上の市民3千人を無作為で選び、アンケート調査を9月に実施する。近所付き合いの度合いや困っていることはないかなど30項目を提示。内容については、委員の意見を聞きながら、最終的に決める。
 アンケート調査を元に、10月頃に地区座談会を実施し、直接、市民の意見を聞き、計画に反映させていく方針。様々な取り組みが行われている福祉政策において、総合的に考え、自助、公助、共助をミックスすることで安心して暮らせる地域の体制づくりを目指す。

2017年8月 9日 (水)

西部地区館で高齢者現代セミナー

 別府市西部地区公民館(首藤忠良館長)は高齢者現代セミナーを、8日午後1時半に同館で開催した。約20人が参加。

0809o

 別府市健康づくり推進課から保健師の豊田まりさん、管理栄養士の林美貴さん、運動指導員の嶋田清美さんらが「健康寿命(日常生活の動作が問題なく行える期間)を延ばそう!」をテーマに講話や運動指導などを行った。
 豊田さんが、別府市民の平均健康寿命は男性が78・08歳、女性が83・17歳と全国平均(男性79・69歳、女性86・25歳)に比べて低いことを説明。「健康寿命を延ばすカギは『栄養』と『運動』にあります」と解説した。
 また、嶋田さんが青竹を使った運動を紹介。青竹を踏んで足指や足の裏をほぐし、「足から強くしていきましょう」と呼びかけた。このほか、健康寿命を延ばすための食事内容についての説明や、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を予防するためのトレーニング指導も行った。

実相寺多目的グラウンド整備

 別府市は、整備を進めている実相寺多目的グラウンドのプレオープンを17日午後6時25分から行う。

0809t3_2

 多目的グラウンドは、2019年のラグビーワールドカップの公認キャンプ地を目指すために整備されているもので、2020東京五輪・パラリンピックのキャンプ誘致や別府市民の生涯スポーツの場としても活用される。
 総事業費は3億4679万7千円。天然芝1万1703平方㍍で、スタンドベンチ約200席、コンクリートベンチ約160席で、既存のコンクリートベンチ約800席と合わせると約1160席を計画。
 4月にみんなで芝生を植えるイベントを行ったが、順調に成長し、防球ネットやナイター設備も整い、いよいよ本格使用が始まる。
 当日は開会式のあと午後6時45分ぐらいからストレッチ体操をして体をほぐしてから、タグラグビー、ミニサッカー、グラウンドゴルフ、ニュースポーツ、ウォーキング、スロージョギングなどを行う。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気