2017年5月17日 (水)

県内でもランサムウェアの被害

大分県警本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策室は16日、サイバーセキュリティ通信第11号を県警本部ホームページで公開した。
 それによると、去る14日には、アップデートされていないウインドウズのパソコンを狙ったランサムウェアによる被害が世界150カ国、約20万件発生したなどと報道され、大分県内でも、被害が確認されている。一度感染すると、復旧できないので注意が必要という。
 ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語。パソコン内部に保存されている特定のファイル(文書ファイル、表計算ファイル、画像や写真データなど)を勝手に暗号化処理を行い、読み取れない状態にしてしまう不正プログラム。パスワードなどが分からないため、復号(暗号化解除)することができない。そこで、犯人はファイルの復号と引き換えに金銭を要求する。
 標的型メールという、業務に関連した正当なものであるように装いつつ不正プログラムを添付した電子メールを送信し、これを受信したパソコンを不正プログラムに感染させることによって情報を盗み取るもの。
 標的型メールを見破るポイントは、①メール本文のURLや添付ファイルを開かざるを得ない内容②これまで届いたことのない官公庁や有名企業からの連絡③IDやパスワード、口座番号などの入力を要求するメール④送信メールアドレスがおかしい⑤メール本文の日本語表記がおかしい⑥実行形式ファイル(exe、scr、cplなど)や圧縮ファイル(ZIP)が添付―の6点。
 ランサムウェアへの対策は4点。
 ▽パソコンのOS、ソフトウェアを最新の状態にする。バージョンを常に最新の状態に保ち、脆弱性をなくすことで感染リスクを低減する。
 ▽ウイルス対策ソフトを導入し、パターンファイルを常に最新の状態にする。インターネットにアクセスするパソコンは、必ずウイルス対策ソフトを導入し、パターンファイルを常に最新の状態に更新しておく。
 ▽重要なファイルは定期的にバックアップする。基本的には、ランサムウェアによって暗号化されたファイルは復元できない。そのため、重要なファイルは、定期的にバックアップする必要がある。
 ▽心当たりのないメールを安易に開かないこと。添付されたファイル(特にexeファイル、ZIPファイル)を安易に開いたり、本文に記載されているURLに不用意にアクセスしない。

鉄輪・明礬地区の散策マップ作成

別府市教育委員会は、国選定重要文化的景観である「別府の湯けむり・温泉地景観」の散策マップ(A3判、16㌻)を1万部制作した。
 別府の文化的景観の成り立ちを知り、湯けむり景観を体感してもらおうというもの。平成24年に温泉地として初めて選定された。

0517t3

 文化的景観は、人々の暮らしによってつくられた、地域特有のもの。古くからの湯治場としての面影を残し、国指定名勝の「地獄」のある鉄輪地区。国指定重要無形民俗文化財「湯の花製造技術」に関連した湯の花小屋が並ぶ明礬地区。マップでは、歴史的な特徴や文化、名所を写真やイラストを使って紹介している。
 鉄輪地区では、湯治に必要な貸間、商店、地獄釜、共同浴場を解説。貸間は、客が長期間泊まれるように、自炊をしながら宿泊料金を安く設定している。自炊には、地元の食材を買える商店が必要で、買った物を地獄釜で蒸して食べる。湯治には、もちろん温泉は欠かせない。また、鉄輪温泉は一遍上人が開いたと言われており、ゆかりの施設を掲載。地区内に設置されている案内板を手がけた空工房(大分市)の谷克博さんが散策マップ(A3サイズ)を描いた。
 明礬地区では、入浴剤として人気の湯の花が作られており、原材料となるミョウバンが取れる。製造技術をイラストで分りやすく説明し、地域に残る行事「お地蔵様のおせったい」、板張り、鎧張りの建造群といった昔ながらの町並み、自然あふれる景色を載せている。
 事業費は86万4千円で、うち半分は国からの文化的景観保護推進事業費補助金を活用。鉄輪、明礬地区の主な観光施設やJR別府駅、観光案内所などに置く。

2017年5月16日 (火)

産学連携で新商品開発など

立命館アジア太平洋大学(APU)、フンドーキン醤油株式会社(小手川強二代表取締役社長、臼杵市)、株式会社インスパイア(高槻亮輔代表取締役、東京都)は、文化系産学連携による相互連携協定の調印式を15日午後0時20分、APUコンベンションホールで行った。

0516t2

 APUは2015年4月にインスパイアなどの協力を得て「ムスリム研究センター」を開設し、ムスリム文化だけではなく、多様な異文化との共生のあり方など実践的な研究を展開してきた。一方、フンドーキンは2016年から、ムスリム研究センターの協力でハラール醤油の開発をしてきた。ハラールは、イスラム教徒の戒律で「許されたもの」という意味で、厳格なイスラムの教えを守る人たちにとって、食べられる物が限られている。ハラールの認定審査は厳しいが、学生から意見を聴くことで、2年をかけて今年中には工場がハラール認定が受けられる見通しとなった。
 これまで日本市場を対象としてきた企業が、国内消費が縮小傾向にある中、海外市場へ目を向ける傾向にあるが、海外市場はリスクも高く、現地ネットワークを拡充することが難しいという一面もある。APUには世界90の国と地域から学生、教員が集っており、様々な地域の嗜好や文化を提供できる環境にある。大学と企業が連携して地方を世界とつなぐ、新しい地方創生モデルを目指す。
 当面は、ハラール醤油のアセアン地域での販売に向けてデザインなどを協力して決める。また、ハラール醤油を利用した新商品の開発も行う。
 小手川社長、高槻社長、是永駿学長が協定書に署名。是永学長は「大学は、学生を教育するだけでなく、社会に対してどれだけのインパクトをもって存在するかということが大切。これは、その実践の1つ。新しいものを取り入れることで、新しいものが生まれると思っている」。小手川社長は「中小企業は国内も厳しい中で、海外といってもハードルが高い。リスクやハーどっるをいかに低くして、ローカル企業が地道に取り組むモデルになると思う。将来が楽しみ。日本とは少し味の好みが違うので、マレーシアでテスト販売を来年以降に行い、反応を見て次のステップにいきたい。これまで保守的だったが、一歩踏み込んで、いけると自信を持っ ている」とあいさつ。
 高槻社長も「きちんとつながれば、長く素晴らしい商品を作ってきた会社は伸びる。文化という観点では一筋縄ではいかない部分はあるが、APUのおかげで、日本にいながら世界の智恵、経験、情報を活用することが十分できる」と述べた。

2017年5月15日 (月)

防犯カメラ設置

大分県警本部生活安全企画課は「平成29年度子供見守り大分県街頭防犯カメラ設置促進事業」として、防犯カメラ設置費用の補助を行う。
 募集期間は来年1月31日までだが、申請ごとに順次審査し補助事業者が10団体になり次第、募集を締め切る。

0515o

 大分県警では、地域住民が不安を感じる犯罪などの未然防止を図るため、地域防犯の目的で新たに街頭防犯カメラを設置する自治体などに、設置費用の一部を補助する事業を行う。
 対象者は、防犯カメラを設置し地域防犯活動に取り組もうとする自治組織、学校PTA、組合や団体(自治体、町内会、自主防犯パトロール隊など)。
 補助の主な要件は▽新たに防犯カメラを設置する事業で①県内に設置②子ども・女性に対する犯罪や声かけ事案、その他地域住民が不安に感じる犯罪を抑止する目的で設置③特定の場所に継続的に設置するカメラで、道路・公園など不特定多数の人が利用する場所を撮影し、録画機能があるもの。
 ▽プライバシーの保護などに関して、設置地区の住民の同意を得ていること。
 ▽防犯カメラ設置後の管理、運用、必要経費(電気代、修繕費など)の負担が可能であること。
 ▽県が策定した「防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」に沿った運用を行うこと―としている。
 補助経費は、補助対象経費として防犯カメラの設置に要する経費。防犯カメラ、録画装置、設置を示すプレートなど(防犯カメラの設置校歌を高めるための広報用看板など含む)、附属品、工事費など。
 補助率は、補助対象経費の半分で、上限は1団体50万円。
 問い合わせは、大分県警本部生活安全企画課安全・安心まちづくり推進室(電話097・536・2131、内線3032、3034)まで。

2017年5月13日 (土)

PTA連合会総会

別府市PTA連合会は、平成29年度定期総会を12日午後1時半、市公会堂で開催した。約100が出席した。

0513t2_2

 笠木隆弘会長が「子どもの卒業とともに、私もPTAを卒業することになりました。自分の子どもが通う学校が楽しく、静かに勉強ができるようになればいいなと思い、活動を続けてきました。PTAがやはり子どものために、良い学校にというのが根本だと思う」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長、三重忠昭市議会副議長(議長代理)、渡邉英樹県別府教育事務所長、嶋幸一県議が祝辞を述べた。また、退任する役員16人を表彰。代表して、山則正幸副会長に表彰状が渡された。
 議事に入り、平成28年度事業・決算・監査報告、29年度事業計画案・予算案について審議、承認した。29年度に九州ブロック研究大会おおいた大会、30年度に県PTA研究大会別府市大会と大きな大会が続くため、努力目標を新しく設定。「あったか湯のまち 子どもに夢と笑顔がいっぱい」をスローガンに、「家庭・地域・学校の絆で 子どもに夢と笑顔を育むPTA活動」と充填項目とした。努力点は①PTA活動の活性化②コミュニティスクールに積極的に参加③九州ブロック大会の成功④県大会の準備。
 役員改選もあり、会長に後藤智山の手中学校PTA会長、副会長に大塚俊夫中部中学校PTA会長、山田京児別府中央小学校PTA会長、後藤剛司上人小学校PTA会長、渕優子春木川小学校PTA会長、竹中裕子大平山小学校PTA会長を選任した。後藤会長は「単Pをがっちり固め、市P連にも協力をしてもらいたい。大きな大会が続きますが、忙しい分だけ良いこともあると思うので、よろしくお願いします」とあいさつをした。表彰を受けた退任役員は次のとおり(敬称略)。

笠木隆弘会長(中部中)山則正幸副会長(北部中)田中博之県P代議員(亀川小校長)糸永憲司副会長(上人小校長)新谷なをみ副会長(中部中校長)安田高空委員(山の手小)礒崎●和之代議員(春木川小P副会長)中尾和樹代議員(同)笹原崇文代議員(大平山小P副会長)立川光明代議員(別府中央小P副会長)杉田晶子代議員(同)山本倫実代議員(同)池田ひとみ代議員(北部中P副会長)芝崎弘美代議員(同)藍澤美季代議員(鶴見台中P副会長)。

 

城下かれい祭り

第32回城下かれい祭りが13、14の両日、日出町の日出城址周辺や日出漁港で開催されている。テーマは「海の幸 歴史の逸話が招く日出」。


0513t3 13日午前10時、二の丸館駐車場に特設ステージを作り、オープニングセレモニーを実施。祭り実行委員長の本田博文日出町長が「4年ぶりにステージイベントを復活させました。賞味会も見直しをしました。6店がそれぞれに腕を振るい、提供するので堪能できるのではと思います。多くの人に来てもらい、喜んでもらえるようにこれからも日出町らしさを求めて工夫していきたい」とあいさつ。
 来賓の白水昭義町議会議長、岩屋毅衆議院議員、吉川元衆議院議員が祝辞を述べた。その後、餅まきがあり、盛り上がった。
 賞味会は今年から事前申し込み制となり、各店が特徴を出しながら料理を提供。国の重要文化財でもある的山荘にも大勢の人が訪れ、刺身や煮付けなどのカレイ料理を堪能。山香町から来たという家族連れは「おいしい」と笑顔で味わっていた。

 日出漁港でも、新鮮な海の幸を使った天ぷらなどが販売され、多くの人が訪れていた。夜には花火も予定されており、14日もハーモニーランドショーやお魚つかみ取り大会、野外茶席などのイベントが沢山準備されている。

2017年5月12日 (金)

協働のまちづくり

第5回別府市協働のまちづくり推進委員会(委員長、福谷正信立命館アジア太平洋大学教授、10人)が11日午後2時、市役所で行われた。

0512t2 はじめに、副委員長の工藤将之企画部長が退職したため、新しく原田勲明共創戦略室長を副委員長に選任した。平成28年度に実施した市民対象協働講座について報告。講座は、5地区公民館と公会堂で合わせて6回実施し、96町から延べ270人が参加した。講師は、高崎経済大学(群馬県)の櫻井常矢教授。会場でアンケート調査を実施(回収率92・6%)。「協働という言葉を聞いたことがあるか」の質問には、57%が「ある」、協働の意味について62%が「理解している」、15%が「ある程度理解している」と答えている。
 講座を受けた感想として「何かやってみたいと思うが、当町内では取り入れるのが難しいと思う」「何か始めなければいけないと思うが、まだ思いつかない」などの意見もあったが、多くは「自治会でもっと話し合いをしたい」「若い人と接する機会を多くしたい」「ニーズの掘り起こしをしたい」など前向きな意見だった。
 これを受けて、別府市では29年度も講座を実施し、より多くの人が参加出来るようにしていく。委員からは「町づくりを支えるのは自治会。協働のためにも大切」「講座に若い人の参加が少ない。もう少し配慮が必要ではないか」などの意見が出た。
 29年度はこれまでの「協働のまちづくり事業補助金」が終了し、新たに「ひとまもり自治区形成事業補助金事業」となることが説明された。

2017年5月11日 (木)

べっぷ里親制度で功労2団体表彰

別府市は、市道の「べっぷ里親制度」10周年功労団体表彰と新しく里親になった団体への委嘱式を11日午前10時、市役所で行った。

0511ta2

 道路里親制度は、地元住民や企業、団体などが道路の一定区間を養子とみなして、定期的かつ継続的に清掃活動などを行い、愛情をもって面倒を見るもの。別府市では平成16年から取り入れ、今回の委嘱を合わせて25団体が登録している。
 活動を始めて10年となるのは、「南立石2区老人クラブ仙寿会」(南立石1号線)と「我家(うち)の庭だと思って…(活動するグループ)」(朝見~北石垣線)。この日出席した仙寿会に狩野俊之建設部長から感謝状と記念品が贈られた。また、新たに里親になった「美道路(びろーど)クラブ」(野口原実相寺公園道路及び新別府線)に委嘱状を交付した。
 狩野部長が「道路を美しくし、マナー向上と意識高揚を図るのが目的。お互いに役割分担し、制度を発展させていきたい」とあいさつした。

0511tb2

 仙寿会の狭間レイ子さんが「毎週月曜日に15人ほどで掃除をしたり、花壇に花を植えたりしています。高齢化しているが、今後も続けていきたい」。美道路クラブの永尾福康さんが「別府市内は草が生えている所が多く、これまで自分の健康も兼ねて広い範囲で草取りをしてきた。観光都市として、道路をきれいにしていきたい」と活動報告をした。

別府北RCの創立50周年記念事業

別府北ロータリークラブは創立50周年記念事業としてこのほど、世界社会奉仕活動「人道的活動 疾病と治療」を行い完了した。国際ロータリー2720地区として、初めての同活動に対するグローバル補助金事業。

05112

 別府北RC、大阪茨木西RC、大阪柏原RCとタイのバンコククロントイRCで「マッチンググラント」と呼ばれる国際補助金制度により、タイの貧困な腎臓病患者に医療サービスを実施するプロジェクトを実施したもの。
 バンコクのドンブリ地区内公立病院に「人工透析器2台」を寄贈し、増加し続ける透析患者の需要に応えた。また、医療従事者と地域住民に対し、疾病予防などの啓発キャンペーンを実施。「腎臓病予防・啓発セミナー」を追加開催した。
 マッチンググラントとは、2カ国のRCあるいは地区が協力して行う国際奉仕活動プロジェクトをロータリー財団が補助金を出して支援する仕組み。
 別府北RCはプロジェクトを当時の佐藤秀男会長、藤本修司幹事、三笠日朗国際奉仕委員長を中心に行った。5千㌦の寄付協力(当時レート120円)と地区資金2万9462㌦の利用・承認を得てこのプロジェクトを立ち上げた。

05113

 バンコクのドンブリ地区にあるソムディックピラピンクラオ公立病院(431床)で平成27年6月、プレゼンテーションを行い、三笠前委員長が質疑応答。バンコククロントイRCのメンバー、大阪茨木西RCの宮里唯子氏、三笠委員長が、タイの公立病院内腎臓病患者の人工透析治療を視察した。
 人工透析器2台の贈呈式を28年3月4日、タイで行った。また、急性腎臓病に関するセミナーを開催し、腎臓病予防キャンペーンを実施した。
 別府北RCは、平成18年6月6日に40周年記念事業として、神日出男会長、三笠日朗幹事、木村勝二国際奉仕委員長(いずれも当時)がタイのウドンタニに対してイーランニングを贈呈した。21年1月14日、二宮清行会長、佐藤秀男幹事、堀能教国際奉仕委員長(いずれも当時)がパヤオ・水プロジェクトとしてタイのチェンライにある学校に浄水器を贈った。

05112_2

 別府北RCは、グローバル補助金の調達資金で、カザフスタン(アロマティRCと連携)の人道的プロジェクト事業を計画している。

2017年5月10日 (水)

ミニセミナーに18人参加

別府商工会議所理財・サービス業部会のミニセミナー「別府市内の空き地・空き家の現状」が9日午後1時半、同会議所3階会議室で開催され、同部会会員18人が参加した。

05102 同部会は、年4回のミニセミナーを予定しており、今回は第1回目。
 講師を、神保吉之助部会長が務めた。
 JR別府駅周辺で空き地は305カ所あると説明すると、参加者は驚きの表情を浮かべた。
 「空き家は、市内で千棟以上。そのほとんどが、線路より東側にある。なぜ別府に空き家が多いかというと、戦時中に空襲に遭わなかったから。別府市は温泉などがあり、計画的に燃やさなかったという」と述べた。
 現在、賃貸マンションに住んでいる人が同じぐらいの家賃で一戸建てに住めるようにしてはどうかと空き家の事業化を提案しているという。
 平成26年11月27日に公布された「空家等対策の推進に関する特別措置法」と、本誌に掲載された一昨年6月の別府市議会一般質問で出た空き家問題についてもふれた。
 「今後は、別府商工会議所が中心となって話し合えれば」と話した。
 質疑応答では、参加者から「別府市は駐車場として活躍している場所も、空き地としてカウントしているのか」と質問。神保部会長は「家がないため、まず空き地としてカウントし、駐車場として活用している」と答えた。
 女性が「アパートに住んでいる人を一軒家に住まわせる政策をすると、アパートを経営している人の収入がなくなってしまうのですが」と質問した。神保部会長は「今後、いろいろと話し合いをしないといけない」と答えた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気