本紙購読

特集ページ

2017年12月25日 (月)

わくわく農産品フェア賑わう

 第25回別府市わくわく農産品フェアが23日午前9時半から、別府公園文化ゾーンで行われ、大勢の人で賑わった。

1225t3

 はじまる前から農産品の販売コーナーには大勢の人の列が出来て、スタートと同時にお目当ての野菜などを買っていた。地元産のカブやホウレン草、ハクサイ、ギンナン、お正月飾りにつかうナンテン、マツなどの花も並んだ。
 開会式で猪又真介副市長(市長代理)が「今年は、九州北部豪雨や台風18号などがあり、生産者にとっては大変だったと思いますが、おいしい農産品を揃えていただきました。地元の旬なものを食べることは、健康につながると思う。たくさん買って帰って下さい」とあいさつ。佐藤隆博JAべっぷ日出代表理事組合長、来賓の黒木愛一郎市議会議長が祝辞を述べた。
 会場では、海産物や加工品、お正月用品、つきたてのお餅の販売などがあり、ステージでは、食育戦隊タベルンジャー、浜脇子ども太鼓などが出演してショーなどが行われた。
 また、苗木の配布、木工教室、お楽しみ抽選会もあり盛り上がった。
 さらに、式典の最後に別府市古賀原茶生産組合の山本一郎さんと草野浩三さんが古賀原のお茶40㌔㌘(時価10万円相当)を、釜堀秀樹別府市社会福祉協議会専務理事に目録を手渡した。今年で18回目。
 寄贈されたお茶は市内の軽費老人ホーム6施設に贈呈される。

Hanabiファンタジア開催

  「べっぷクリスマスHanabiファンタジア2017」が23日午後5時5分、的ケ浜公園・スパビーチで開催され、音楽とシンクロした7千発の花火を市民や観光客が楽しんだ。今年で24回目。

12253

 このイベントは、別府青年会議所(JCI)が24年前に立ち上げた事業で、最初は150人足らずの子どもたちと、ご褒美の花火25発だった。それが今では、県内外を問わず楽しめる、冬の一大イベントに成長した。
 開会式では、西謙二別府まつり振興会副会長(会長代理、別府商工会議所会頭)が「昨年は、強風の中で花火が打ち上がるのだろうかと思っていたが、今回は、素晴らしい天気で風もなく寒くもない。来場者の皆さんも、子どもたちと一緒にクリスマスソングを歌い、素晴らしい花火を見て下さい」。
 来賓を代表して長野恭紘別府市長は「この2日間、記憶だけでなく、思い出に残る日にして下さい」がそれぞれあいさつした。

12252

 「子どもたちとクリスマスソングを歌う会」の開始前に、森憲司冬の祭典実行委員長(JCI42代目理事長)が「今年初めて、クリスマスツリーを置きました。これから、クリスマスツリーが大きくなるように、我々も頑張っていきます。花火も一工夫二工夫をしていますので、楽しんで下さい」と開会宣言した。
 会が始まり、600人の児童が「サンタが街にやってくる」「あわてんぼうのサンタクロース」「世界に一つだけの花」などを歌った。曲を歌う前に、児童2人が曲名紹介をするとそれに合わせて「サンタ」「ベル」などの花火が打ちあがった。
 「家族を楽しむクリスマス」をテーマに、クリスマスの音楽に合わせて、色鮮やかな花火7千発が打ち上がった。スマートフォンで撮影する人が多く、大きな花火が打ち上がるごとに来場者からも大きな歓声が上がった。
 特設ステージでは「クリスマスライブステージ」があり、ザ・ヒットパレーダースがパフォーマンスを披露した。
 会場は、豊後フグ鍋雑炊、留学生参加のアジアン屋台なども出店された。
 ゆめタウン別府では「冬のゆめまつり2017」として、どぶろっくのお笑いライブ、別府溝部学園ハンドベル部のコンサートなどが開催された。
 また同日朝、別府国際観光港第4埠頭に寄港した「にっぽん丸」が沖に停泊し、花火を観賞した。
 24日も、的ケ浜公園・スパビーチで、午後6時半から「OABライブステージ」があり、午後8時から「恋人たちのクリスマス」をテーマに7千発の花火が打ち上がった。

2017年12月16日 (土)

明星小がクリスマスコンサート

 JR九州ビルマネジメント株式会社(山田眞弘代表取締役)はクリスマスコンサートを、15日午後6時からJR別府駅コンコースで開催した。明星小学校(上村もと子校長)の1、2年生101人が参加し、全8曲を歌った。今年で13年目。

1216o

 甲斐裕明別府駅長が「今日のコンサートを、朝から楽しみにしていました。思い出に残る毎年恒例のイベント。今年も存分に聴かせていただきます」。上村校長は「クリスマスまであと10日。子どもにとってうれしい時期がやってきました。この日のために練習してきました。最後までゆっくりと、ご鑑賞下さい」とそれぞれあいさつした。
 1年生が「うたえバンバン」「音楽のおくりもの」「歌はともだち」を、2年生が「ふるさと」「みんながみんな英雄」「いい日旅立ち」を披露。児童は曲のリズムに合わせて体を左右に揺らしたりしながら、大きな声で楽しそうに歌った。保護者や駅の利用客が多く集まり、児童の歌に聴き入った。
 1、2年生合同で「サンタが町にやってくる」「世界に1つだけの花」を歌った後、教員扮するサンタクロースとトナカイがやってきて、児童にクリスマスプレゼントとしてお菓子を配った。

2017年11月20日 (月)

陸上自衛隊別府駐屯地60周年

 陸上自衛隊別府駐屯地(山田憲和1等陸佐=第41普通科連隊長兼別府駐屯地司令)は、創立60周年記念式典を19日午前8時半から駐屯地を一般開設して行われた。約6千人が訪れた。

1120t2

 式典では、恒例となった書道パフォーマンスが行われ、今年は三浦悠希士長が記念行事のテーマである「感謝」の文字を書いた。山田連隊長駐屯地兼司令が「昨今の我が国周辺の安全保障環境は、皆様ご存知のとおり、非常に厳しい状況にあると言わざるを得ません。大規自然災害も多数発生しています。このような中、国民の皆様の付託に応えるには、各種事態に対応するため、厳しい訓練をするとともに、物心両面の準備をしっかり整え、事態に即応した任務を完遂しなければならない。また、自衛隊員が後顧の憂いなく任務にまい進するには、地域の皆様、関係諸団体の皆様の協力が不可欠です。引き続き、ご理解とご協力をお願いします」と式辞。

1120t3_2

 来賓の二日市具正大分県副知事(知事代理)、衛藤征士郎、岩屋毅・両衆議院議員、宇都隆史、衛藤晟一・両参議院議員が祝辞を述べた。
 山本博仁副連隊長を指揮官に、観閲行進が行われ、41連隊をはじめ別府に駐屯する第4後方支援連隊第2整備大隊第3普通科直接支援中隊、別府駐屯地業務隊、第404会計隊、第304基地通信中隊別府派遣隊の他、支援部隊として久留米、玖珠、福岡、目達、竹松、小郡、湯布院、健軍といった県内外の駐屯地からも参加し、今回は築城基地第6飛行隊所属のF2戦闘機が初めて参加した。
 式典終了後のアトラクションでは、大分東明高校吹奏楽部の演奏や41連隊音楽部とあやドレミチアの競演、格闘や銃剣道の訓練披露で盛り上げた。また、訓練展示、装備車両試乗・展示などがあり、大勢の人で賑わった。

2017年11月13日 (月)

福祉と消防のイベントに2万人超

 「第30回別府市福祉まつり」(別府市社会福祉協議会主催)と「第42回市民と消防のつどい」(市消防本部、市消防団、市少年婦人防火委員会主催)が12日午前10時、別府公園で開催され、約2万2千人が来場しにぎわった。

11133

 「福祉まつり」は、高齢者や障がい者をはじめ、市民誰もが地域社会の中で安心して心豊かに暮らしていける地域福祉を実現することを目的に、昭和63(1988)年に始まった。
 「市民と消防のつどい」は、防災技術や災害への備えを知ってもらおうため、昭和51(1976)年にスタートした。
 当初、「福祉」「消防」が別々に行っていたが、平成6(1994)年から相乗効果をはかるため、合同で行うようになった。
 オープニングセレモニーとして、主催者の長野恭紘別府市社会福祉協議会会長(別府市長)が「福祉まつりは、節目の30回です。高齢者、子どもたち、障がいのある人もない人も、別府で安心して暮らしていける町をめざして開催されてきました。市民と消防のつどいは、冬に向かって火を使う機会が増えます。防火意識の向上と、消防行政への理解を深めて下さい。多くの模擬店が出ていますので、楽しんで下さい」。

11132

 来賓を代表して黒木愛一郎別府市議会議長は「別府は、さまざまな福祉の取り組みが行われています。市民が心豊かに安心して安全に暮らせる町こそ、市民が望む福祉のまち別府と考えています」とそれぞれあいさつした。また、別府市議会の首藤正総務企画消防委員会委員長が紹介された。
 片岡典之市消防団長の開会宣言後、主催者と来賓者が並び約1500個の餅まきが行われると、多くの市民が手を振るなど猛アピールしていた。
 続いて、明星幼稚園少年消防クラブの鼓笛演奏、アンジェリークBATONスタジオのバトンダンス、ユニークダンスシアターのダンスなど8イベントで盛り上がった。また、中段道路では、消防車との綱引きが行われた。

11132_2

 福祉まつり会場では、17地区社会福祉協議会や23福祉団体の模擬店が並んだ。各地区社協が赤飯、一銭焼き、焼きイモ、温泉セットなど、福祉団体の市母子父子寡婦福祉会、別府親と子の劇場、ボーイスカウト別府第9団、アルバハウスたけのこなどが唐揚げ、焼きそば、だんご汁、竹製品などを販売した。
 市民と消防のつどいの会場では、市消防団第1~4分団、女性分団、市婦人防火クラブ、消防防災、LPガス協会が、鹿肉・馬肉・鶏肉のつくね、ねぎ焼き、カレーライスなどに行列ができた。
 体験コーナーでは、ちびっこレンジャー、放水、水消火器、はしご車、煙などの各体験などがあり、子どもたちは普段経験できないことにチャレンジした。
 小学6年生以下が対象で、防火・防災意識を高めることを目的としたスタンプラリーを開催。5つのスタンプを集めて、消防受付で記念品がプレゼントされた。
 また、別府公園東口脇ではエイドステーション企画の「福祉車両&福祉機器展示会」が開催された。各社の福祉車両が展示され、スズキの電動セニアカーの試乗が行われた。

2017年11月 6日 (月)

BEPPUダンスフェスタ開催

 BEPPUダンスフェスタが4、5日午後1時から、別府公園で開催され、延べ34チーム約600人が出場した。

11063

 昨年から、行っていた審査するコンテスト方式でなく、より多くの人に出場してほしいという思いから、チームの人数制限と審査をなくした。
 開会式が5日午後1時から、同所のメーンステージで行われた。
 林昌治BEPPUダンスフェスタ実行委員長が「振付を間違っても気にせず、最後まで自由に楽しく踊って下さい」とあいさつ後、開会宣言をした。
 初日のオープニングを飾ったのは、明豊中学・高校の有志で作る「明豊ソーランしらしんけん隊」。放課後に週2回、練習してきた成果をみせた。
 この後、元大分県立芸術文化短期大学ダンスサークルのメンバー5人の「WH2」、小・中学生メンバーから選抜された20人の「ミキダンスガールズポンポンチーム」、明豊高校野球部とともに「甲子園」で戦った「MEIHO CHEER Blue Bees」など計16チームがダンスを披露した。
 子どもや孫の踊る姿を撮影しようと、スマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラを構える保護者の姿があった。ダンスチームが登場すると会場から声援が飛び、ダンスが終わると大きな拍手が贈られた。
 2日目は、別府で活動しているユニーク・ダンス・シアターのバトンチーム「B―PLUS」、タヒチアンダンスの「フラ・ハーラウ・オ・ハル」、これまでの大会に出場していた大分市で活動している「STUDIO INFINTY」など18チームが出場した。
 「食の大宴会@別府」も同時開催しており、舌鼓を打ちながらダンスを見守る人もいた。

2017年11月 4日 (土)

明日まで「食の大宴会@別府」開催

 食べて!踊って!癒されろ!Beppuの秋を楽しめ!「食の大宴会@●別府2017」が4日午前11時、別府公園で始まった。同実行委員会(西田陽一委員長)主催。開催日時は、4日午前11時から午後9時、5日午前10時から午後5時まで。

11043

 食の大宴会は平成25年度から、取り組まれており、別府市への集客実績のある食のイベント。飲食業、宿泊業などを含めた地域振興へとつなげていくことが目的。
 開会式が午前11時から、メーンステージで行われた。
 大会会長の長野恭紘別府市長が「別府市や大分県だけでなく、九州各地が誇る食材や郷土料理などが集まっています。存分に、さまざまな食を楽しんで下さい」とあいさつ。同実行委員長で別府市旅館ホテル組合連合会長の西田さんが、開会宣言をした。
 続いて、徳島県阿波踊り協会所属「新のんき連」が本場の阿波踊りを披露。来場者はスマートフォン、デジカメ、ビデオカメラを構えて、撮影していた。

11042

 また、会場には60店舗が大分エリアと九州の食エリアに分かれて並び、たこ焼き、ラーメン、辛子レンコン、馬串などが来場者の食欲を満たしていった。宮崎串VS豊後牛コラボレーション串(1日限定400本)やオリジナルゆずシャーベット(1日限定300個)も人気だった。

2017年10月24日 (火)

別府市老連の第16回芸能文化祭

 別府市老人クラブ連合会(林三男会長)の第16回芸能文化祭が24日午前10時、別府市公会堂で開催され、市老連会員102人が参加し、市民約500人がつめかけた。

10242

 林会長が「この文化祭に、会員はもちろん会員外の人も来てほしいと思い、多くの人にチラシを配布しました。健康寿命を延ばすためにも、皆さん一緒に元気に楽しみましょう。今回も、別府医療センター附属大分中央看護学校生の若い人と一緒に活動することは、我々の若返りにつながるのではないでしょうか。しっかりと楽しんで下さい」、来賓の阿南寿和別府市副市長(市長代理)、黒木愛一郎市議会議長、岩屋毅衆議院議員がそれぞれあいさつ、来賓として出席した嶋幸一県議、吉冨英三郎県議、大野光章市福祉保健部長らが紹介された。
 はじめに、別府医療センター附属大分中央看護学校の学生38人が「ソーラン節」を披露。
 午前の部が始まり、鉄輪東明朗会(朝日地区)の小野清登さんが日本舞踊「任侠吉良港」、扇寿クラブ(鶴見地区)の志手ヒロ子さんら3人がカラオケ「ソーラン節」、清風クラブ(同)の小松順子さんら10人が舞踊体操「一円玉の旅がらす」など21演目を「公演」。
 黒木記念病院の黒木劇団が特別出演して、会場を大いに盛り上げると、午後の部では、若竹会(大平山地区)の宇都宮攻さんら21人が混声合唱「あの素晴らしい愛をもう一度」など、四の湯町1区ふれあい会(亀川地区)の平川正芳さんがカラオケ「あこがれの郵便馬車」、小坂ひまわり回(同)の加藤健一さん、加藤宝積さんの画道吟「寒梅」、原町ことぶき会(西地区)の鳥井幸子さんのカラオケ「別府火の海まつり」など15演目を披露した。

10243

 最後に、参加者全員で鳥井好人さんの伴奏で「紅葉(もみじ)」「青い山脈」「高原列車は行く」「しあわせなら手をたたこう」の4曲を大合唱。
 ホテル宿泊券などが当たるお楽しみ抽選会も、行われた。
 講座室では作品展も行われており、会員が持ち寄った絵画、書道、写真、手芸品など約130点が並んだ。
 また、別府医療センター附属大分中央看護学校の学生による血圧測定コーナー、ハンドマッサージコーナーがあった。

2017年10月16日 (月)

ザビエルの道ウォーキング大会

 第12回「ザビエルの道ウオーキング大会」が15日午前8時半、日出町で行われた。約200人が参加。

1016t3

 1551年、宣教師フランシスコ・ザビエルが、山口から大友宗麟の待つ豊後府内に向かう際、日出町の西鹿鳴越道を歩いて渡ったといわれており、その際に通ったとされる道を「ザビエルの道」として、毎年ウオーキング大会を開催している。
 コースは、中央公民館をスタートし、山田湧水、豊岡漁港を経由して城下海岸遊歩道を通る20㌔(Aコース)、専用バスで経塚山山頂まで移動し、ザビエルの歩いた西鹿鳴越道(登山道)を通る10㌔(Bコース)、中央公民館をスタートし、日出町の中心部と城下海岸遊歩道を通る5㌔(Cコース)の3つ。
 Aコースが先行してスタートし、その後、BとCコースが出発。出発式で本田博文町長が「残念な天気ですが、多くの人に参加していただき、うれしい。歴史と文化を感じ、自然景観を楽しめるコース。気をつけて行ってきて下さい」とあいさつ。
 参加者は雨が降る中、カッパを着るなどして元気に出発。聖者が遺した祈りの道を楽しく巡った。

2017年10月14日 (土)

県農林水産祭の農・林業部門始まる

 平成29年度大分県農林水産祭の農・林業部門「おおいたみのりフェスタ」が14日から、「まるごと“おおいた”いただきま~す」をスローガンに別府公園で始まった。15日まで。

1014t3

 開場式では、実行委員会会長の広瀬勝貞大分県知事が「今年の夏は7月に豪雨、9月に台風18号と農林業にとって大変厳しい環境だった。その中でも、生産者は大災害にもめげずに生産を継続し、実りの秋に多くのものを届けてくれました。手に取り、『うまい』と一言言っていただければ、生産者もまた頑張れる」とあいさつ。二宮伊作県農業協同組合中央会長、内田幹雄県木材協同組合連合会代表理事もあいさつを述べた。
 地元を代表して長野恭紘別府市長が「大分は受難の年でしたが、例年通りの農産物をしっかりと準備していただき、盛り上がりをみせている。別府の秋の名物イベントです」と歓迎のあいさつ。来賓の井上伸史県議会議長も祝辞を述べた。

1014t2_2

 会場には、ふるさと直産・地域とれたて市やふるさとの味レストラン、別府溝部学園高校による「高校生ジビエレストラン」、ヒノキのチップ広場、チェーンソーアート、和牛オリンピックで内閣総理大臣賞を受賞した豊後牛のステーキなど多くの店が並び、野菜や加工品などを安く買えるとあって、どの店も多くの人で賑わった。
 また、今年はパンカフェコーナーもあり、15店舗が出店して自慢の手作りパンを販売した。
 東口入口では、洋ランや切り花、鉢花コーナーがあり、色とりどりの花を選ぶ人でいっぱいだった。さらに、2019年のラグビーW日本大会PRのブースもあり、子どもからお年寄りまでラグビーボールを使ったボウリングなどを楽しんだ。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気