2016年7月30日 (土)

「べっぷ火の海まつり」始まる

07303

 「べっぷ火の海まつり」(別府まつり振興会、別府夏の宵まつり実行委員会主催)が29日午後6時、開幕した。歩行者天国となった駅前通りの夕涼みワイワイ市(30日まで)や、海門寺公園のべっぷ屋台村(31日まで)は大勢の人で賑わった。
 19年ぶりに「火の海まつり」の名称を復活させた今回、近年「別府夏の宵まつり」の名称で開催されていたが、今年は熊本・大分地震の影響で被害を受けた別府観光の復興への起爆剤とする目的。
 オープニングセレモニーが海門寺公園特設ステージであり、主催者の梅野朋子別府まつり振興会長(市観光協会長)が「これから3日間、皆さんには『べっぷ火の海まつり』を堪能していただければと思います」

07302

 来賓の長野恭紘市長は「『夏の宵まつり』も良いネーミングですが、やはり別府人は『火の海まつり』です。この3日間、楽しみまくって下さい」とそれぞれあいさつ。
 続いて、来賓の長野市長、山本一成市議会観光建設水道委員会委員長、千壽健夫別府商工会議所会頭、太田貴信九州旅客鉄道株式会社別府駅長、林道弘別府駅前商店街振興組合理事長、山本眞郎大分みらい信用金庫常務理事ら、主催者の梅野会長、丸山徹別府夏の宵まつり実行委員長が紹介された。
 丸山実行委員長が開会宣言をし、まつりムードが一気に高まった。

07303_2

 駅前通りは43店・団体が68の露店を出し、家族連れ、友人同士、留学生などが空揚げ、かき氷、焼肉、スリランカカレーなどのグルメや、金魚すくい・くじ引きなど「まつり」を楽しんだ。
 海門寺公園会場の「べっぷ屋台村」では、たこ焼き、焼きそば、わたあめなどの店舗が並び、多くの人が舌鼓を打った。
 ステージでは、北浜美人クイズ王決定戦やべっぷ屋台村カラオケ大会が行われて盛り上がった。
 また、同公園東側では、「おんせん県おおいたinべっぷ 光のアート」が行われており、別府溝部学園短期大学のライフデザイン総合学科の学生が作った灯篭が並んでいる。
 まつりのイベントスケジュールは、次のとおり。
 ▽別府駅前通り会場=夕涼みワイワイ市(30日午後6時から10時)▽海門寺公園会場=べっぷ屋台村(30、31日午後5時から10時半)、光のアート(30日午後6時から9時)、ステージ(30日午後5時からチャリティーオークション、7時からライブ、31日午後5時からダンスコンテスト、7時半から豊勇會の太鼓、8時45分からフラハーラウオハルのタヒチダンス、9時15分からstudioAmaniのベリーダンス、9時45分からフィナーレ)▽別府スパビーチ会場=露店(30、31日午後5時から)、ダンスイベント(30日午後5時から7時半)、熊本・大分復興支援DRUM TAO LIVESTAGE(30日午後8時から9時)、納涼音頭大会(31日午後6時から7時45分)、納涼花火大会(31日午後8時から9時)▽本願寺別府別院=お坊さんが本気で考えたお寺できもだめし(31日午後5時から8時、入場料はお賽銭)

2016年7月29日 (金)

「スライド・ザ・シティ」

 昨年に引き続き「スライド・ザ・シティin別府」が29日午前10時、別府公園東側を使って始まり、初日から多くの人が滑り盛り上がった。31日まで。

07292

 今年は、別府公園東側の超巨大スターターから全長240㍍、スタートからゴールまでの高低差30㍍というコース。
 オープニングで、長野恭紘市長が「このスライド・ザ・シティから始まる『火の海まつり』を、遊びまくって楽しみまくっていただき、盛り上がっていきましょう」とあいさつ。ミス別府の篠田菜央さん、早川愛さん、福岡のアイドルが紹介された。
 初滑りは、長野市長、ミス別府の篠田さん、早川さんが行った。
 その後は、時間制のチケットを持っている人から順に温泉スライダーを楽しんだ。
 友人2人と来ていた男児は「最後に着水するところが、楽しかった」、大分市から来ていた母娘は「涼しくて、気持ち良かった。昨年より高低差があったので、滑り始めは少し怖かったが、スピードが出て楽しかった」と感想。
 ステージでは、大分のアイドルSPATIO(スパティオ)の歌、立命館アジア太平洋大学(APU)の「よっしゃ虎威」によるよさこいなどが披露された。30日は、大分のアイドルSPATIO(午前10時半予定)、Chimo(11時予定)、Niimo(11時半予定)や、午後からは大分のDJがステージに立つ。31日は、フラダンスやDJなどが会場を盛り上げる。

2016年5月14日 (土)

かれい祭り

 第31回城下かれい祭り(実行委員会主催)が14日から、日出町の城址周辺や日出漁港で始まった。15日まで。テーマは「海の幸 歴史の逸話が招く日出」。

01514ta3

 午前10時、二の丸館入り口でオープニングセレモニーが行われた。実行委員会長の工藤義見町長が「かれい祭りも歴史を重ねながら、着実に進化・発展してきた。2日間、楽しんでほしい」とあいさつ。
 テープカットでは、今年新1年生になった田原梨穂さん(日出小)、立脇智樹さん(同)、尾方柊介さん(藤原小)、菅ひなたさん(同)、矢野惣右介さん(川崎小)、吉高健さん(同)、大下鉄生さん(大神小)、平野翔真さん(同)、三浦さくらさん(豊岡小)、渡邊穂花さん(同)が工藤町長や来賓の白水昭義町議会議長、木下崇俊旧日出藩主木下家19代当主らと一緒にテープカット。上石丸望愛さん(大神小)と矢野愛里彩さん(日出小)がくす玉を割り祭りのスタートを祝った。
 朝、消防団がついた餅をまき、会場パレードや城下かれい稚魚放流などが行われた。夜8時から花火も打ちあげる。
 毎年大人気の「城下かれい限定ミニ懐石賞味会」が、能良玄家、帯刀の庄、日出町的山荘、ホテルソラージュ大分日出、膳のえぐちで行われた。的山荘でミニ懐石を楽しんだ、豊後高田市から来た女性(40代)は「始めてきましたが、的山荘の建物が素晴らしく、海と庭の素晴らしい景色を見ながら、贅沢な城下かれいがお得な値段でいただけて、幸せです」と話した。
 賞味会は明日も行われ、160食分の食券を午前9時から日出町役場前で販売する(1人1枚、先着順、2500円)。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気